• NEWS

上原亜衣&小島みなみ&白石茉莉奈、3ショットで初インタビュー!三者三様のキス我慢体験をPR

2014年10月17日 08:01

『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』に出演した小島みなみ、上原亜衣、白石茉莉奈(写真左から)
『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』に出演した小島みなみ、上原亜衣、白石茉莉奈(写真左から)

深夜バラエティ番組「ゴッドタン」の企画から生まれた映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』が、いよいよ10月17日(金)から公開。この人気シリーズで劇団ひとりのアドリブとともに注目されるのが、キスを誘うセクシー女優たちの存在だ。映画版第2弾となる今回は、世の男性諸氏が憧れる夢のタッグが実現!人気、実力ともにトップに君臨する上原亜衣、小島みなみ、白石茉莉奈の3人が劇場版初登場を果たす。「一緒にインタビューを受けるのは初めて」と言う3人に、撮影の裏話を聞いた。

今回の作品を通じて仲良くなったという3人。じつは上原は小島の存在を意識していたそうで「デビュー当時は企画モノが多くて、素人役ばっかりだったんです。そのころにコジミナ(小島)が入ってきて、私とは違って“大型新人”って推されてた(笑)。その時に私も頑張ろうって思ったんです」とライバル視していた様子。そうとは知らなかった小島は「亜衣ちゃんはピンク色の物が大好きな“ザ・女子”っていうイメージ(笑)。ふわふわしててあんまり考えてなさそうなんだけど、陰で超努力するタイプだと思います」。これには白石も同意して「亜衣ちゃんが努力家だっていう話は、周りの人から情報が入ってきますね。女優さんからだけじゃなくて、制作さんからもすごく評価を受けてて、尊敬します」と上原を大絶賛。今回上原がヒロインを演じることについても小島と白石は納得の様子だった。

3人はそれぞれオーディションによって役をゲット。白石は前作のオーディションも受けていたそうで「その時ダメだったので、今回は絶対出たいという思いが強かった。でもオーディションが10分ぐらいで終わっちゃって、『ああ、もうダメなんだ!』って心が折れた記憶があります(笑)。出演が決まった時は本当にうれしかったですね」。一方、小島は持ち前のキャラを全開にしてオーディションに挑戦。「『何でもいいから、超能力を出すアドリブをやってください』と言われて、棒を硬くする力を使いました。『あそこにチョークがあるでしょ?ほら、みなみの超能力でどんどん硬~くなってきた!』っていう演技をやったんです(笑)。そしたら超能力の役をもらえたんですよ!」。「キス我慢」初挑戦の上原は「どうやっていいかわからないし、どうしようと悩みましたね。結果、オーディションで泣いちゃいました(笑)。感情が抑えられなくなって、お芝居しながら号泣したんです。そしたらこんな大役がいただけて…。自分でも驚いてます(笑)」と振り返った。

そんな3人に自分の演技で注目してほしいポイントを聞いた。上原は「私は夜のプールのシーン。私の心が初めてオープンになって、(劇団)ひとりさんと心を通い合わせる良いシーンなので、注目してほしいな」と演技についてコメント。小島は「みなみなりにエロくしてるんですけど、それがおもしろくなっちゃってて(笑)。その“豪快なエロさ”を見てほしいですね。いっぱい笑ってもらいたいです」とアピールした。白石は「私はひとりさんへのボディタッチも多いですし、胸を押し付けたりとか、結構ベタな感じで誘ってます。観客の皆さんには笑っていただきつつ、興奮もしてくれたらうれしいですね」とセクシーさを強調。それぞれのアプローチでキスを迫る3人。果たして劇団ひとりはキスを我慢することができるのか…?気になる結末はぜひスクリーンで確かめてほしい!【取材・文/トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース