• TOP
  • ニュース
  • 登坂広臣と野替愁平「本当は仲良いんですよ」と笑顔!敵同士の共演秘話を明かす
  • NEWS

登坂広臣と野替愁平「本当は仲良いんですよ」と笑顔!敵同士の共演秘話を明かす

2014年8月30日 22:21

登坂広臣と野替愁平、映画共演の感想は?
登坂広臣と野替愁平、映画共演の感想は?

大ヒットを記録している『ホットロード』(公開中)の舞台挨拶イベントが8月30日に丸の内ピカデリーで開催され、三代目J Soul Brothersの登坂広臣をはじめ、劇中で激しい対立を繰り広げる不良チーム、“Nights”と“漠統”のメンバーが登壇。それぞれが自身の“ちょい悪”なエピソードを明かした。

紡木たくの伝説的少女漫画を、能年玲奈、登坂広臣主演で実写映画化した本作。この日は、登坂演じる春山がリーダを務める“Nights”メンバーから山田裕貴と小澤亮太。“漠統”メンバーから、劇団EXILEの野替愁平(SWAY)と遠藤雄弥が登壇した。以前から親交のある登坂と野替だが、登坂は「以前から『一緒に曲を作ろうよ』と2人で話していたんですが、まさか先に映画を一緒にやることになるとは」とコメント。さらに、「(仲間の)リチャード役かと思ったら、まさかの敵役で」と、敵対する役柄での共演となったことに苦笑い。

野替も「同じチームで闘う仲間でいたかったんですけど。人生うまくいかないもんですね」とニッコリ。しかしながら、“Nights”のリーダー、“漠統”のリーダーとしての共演に「ナンバー1同士で闘えたのはすごく嬉しい」と笑顔を見せていた。撮影現場では、「(野替くんが)冷たかった」とのことで、登坂がさみし気な表情を見せる一幕も。野替は「敵同士なんで、カメラが回っていないところでも意識は敵同士でいた方が、いい緊張感を保つことができるのかなと」と説明し、「本当は仲が良いんですよ」と登坂とうなずき合っていた。

またこの日は、不良チームを演じていることにちなんで、それぞれが自身のちょい悪なエピソードを披露。登坂は「友達と岩盤浴に行って。『うつぶせに寝て、枕にしているところに顔を入れておくと顔のシェイプになる』と嘘をついた」告白した。「僕がしばらく寝ていて、起きたら友達が2人ともうつぶせに寝ていた」と明かすと、会場も大爆笑。

さらに、「僕、ムッツリスケベで。小学生の頃、婦人服売り場のマネキンのスカートの中をのぞいていた」(遠藤)、「修学旅行の時に、寝ている友達の鼻の下にワサビを塗った」(野替)、「ゲームで負けそうになると、相手のコントローラーを抜いていた」(山田)、「ロシアンたこ焼きで、すべてに辛いものを入れた」(小澤)と、それぞれがほのぼのとしたちょい悪エピソードを披露。敵対する不良チームでありながら、和気あいあいとしたトークで会場を大いに盛り上げていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース