• GOSSIP

トム・ハンクスが開発したアプリがiTunesで人気ランキング1位に!

2014年8月20日 14:55

タイプライターを打つ体験ができるアプリ「ハンクス・ライター」を開発したトム
タイプライターを打つ体験ができるアプリ「ハンクス・ライター」を開発したトム写真:SPLASH/アフロ

トム・ハンクスが開発したアプリ「ハンクス・ライター」が、アップルのiTunes Storeで最もダウンロードされたアプリになった。

英紙ガーディアンによれば、「ハンクス・ライター」はタイプライターを打つ体験をシミュレートできるアプリで、iPad用に3バージョンが展開されており、ベーシック・モデルは無料でダウンロードできる。トム・ハンクスは大のタイプライター好きで、それが高じてこのアプリの開発に至ったそうで、アプリではタイプする時のカシャカシャという音や、改行する時の音も本物そっくりに再現されているらしい。

「70年代後半に、僕はタイプライターを買いました。世界中を持って歩けるサイズで、10本の指でキーを叩き続けても何十年も使える丈夫なものでした。それ以来、僕はたくさんのタイプライターを買いました。その一つ一つが違うデザインで、違う操作をし、違う音を出します」

「ハンクス・ライターは、iPadの快適さとスピードで手動式タイプライターの音やペースが楽しめるアプリです。タイプミスをしたら削除キーで消すこともできます。または、削除キーの機能を止めることもできます」とハンクスはアプリ紹介文に書いている。「ハンクス・ライター」で打った文章は、メール送信したり、印刷や共有もできるそうだ。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース