• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 『るろうに剣心』の土屋太鳳が佐藤健に感謝!「佐藤さんと私はウサギとカメみたい」
  • INTERVIEW

『るろうに剣心』の土屋太鳳が佐藤健に感謝!「佐藤さんと私はウサギとカメみたい」

2014年8月01日 8:00

土屋太鳳、「佐藤健のアクションは本当に速い!」

佐藤健主演で人気コミックを実写化したアクション大作の続編『るろうに剣心 京都大火編』(8月1日公開)と『るろうに剣心 伝説の最期編』(9月13日公開)。剣心役の佐藤をはじめ見事な配役がそろった本作だが、その中で溌剌とした魅力を弾けさせているのが、巻町操役を演じる土屋太鳳だ。彼女を直撃し、佐藤との共演の感想を聞いた。

原作ファンの間でも人気の高い「京都編」を基に、緋村剣心らが新たな戦いに身を投じる姿を圧倒的なスケールで描く本作。土屋演じる巻町操は、旅の足代に困り、偶然行き合った剣心の刀を盗もうとし、剣心と知り合う女の子。生まれてすぐ天涯孤独の身となり、元隠密・御庭番衆の翁に引き取られた女の子だ。

土屋は「剣心と操ちゃんって、似ていると思うんです」と分析。「操ちゃんは、単純に元気のある女の子というだけではなくて。剣心は、自分自身が人の命を奪っていたという罪を背負っているけれど、操ちゃんも御庭番衆という、暗い役割を請け負っていた一味の血を引いている。見えない十字架を背負っているという面では、剣心と操ちゃんは一緒だと思うんです」。

激しいアクション、東京弁と京都弁が混ざり合った方言など、チャレンジの多い役柄となった。そんな時に大きな支えとなったのが、大友啓史監督の存在だ。「大友監督に演出をされると、心の中がグツグツしたり、ぐるぐるしたりするんです(笑)。心が、色々な思いで渦巻かれる。大友監督は、『自由にやってよ!』とよく言うんですが、そうすると、考えてきたものと違う感情や行動が本番で出てきたりします」。

続けて、大友監督の演出を思い出し、こう目を輝かす。「本当に大友監督の熱はすごいんですよ!剣心や志々雄や、周りの人々と一緒に生きているみたい。モニターを見ながらも、『よし、そうだ!いけ、いいぞ、いいぞ、いいぞ!』って(笑)。大友監督を見ているだけでも、感動して泣きそうになってしまうくらいでした」。そしてその熱は、本作の座長・佐藤健からも大いに受け取っていた。

「今回の剣心は、人斬りに戻るのか、戻らないのかと揺れ動く、特に難しい役。佐藤さんは、髪の毛の毛先から、動いた後の空気まで剣心でした」と佐藤健の剣心に惚れ惚れ。佐藤のアクションを見た感想を聞くと、「本当に速いんですよ!シュシュシュシュシュッって!」と楽しそうな笑顔を見せる。さらに「私は努力をしないと何もできなくて、何か言われても考え込んでしまう。佐藤さんと私は、ウサギとカメみたい」と例える。

それは、佐藤が天才型の俳優だからだとか。「佐藤さんは、頭の回転が速くて何でもパッとわかってしまう。でも、私と一緒にカメにもなってくれるんです。すごく助けられました。いつも一緒になって考えてくれて、アクションの時も『あと、0.1秒速く動けばいいんだね』と言ってくれたり。『0.1秒!?』って。そんな感覚で動いている佐藤さんは、本当にすごいです」。

「自分の全部を操ちゃんに注いだ」と全身全霊を込め、たくさんの刺激を受けた本作の現場。最後に見どころを聞いてみた。「見どころは、本当に全部なんです。台本を読んだ時は、こことここが見どころかなと思っていたんですが、完成した映画を見たら、『うわ!全部が見どころだ!』と思って。登場人物の息づかいや瞳の奥まで、その時代の人々の覚悟に近づくために、キャストもスタッフさんも一生懸命に作りました。是非、剣心の世界、そのものを感じていただければ嬉しいです」。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[C]和月伸宏/集英社 [C]2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会| [c]和月伸宏/集英社 [c]2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会| [c]2014「人狼ゲーム BEAST SIDE」製作委員会| [c]和月伸宏/集英社 [c]2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会| [c]和月伸宏/集英社 [c]2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会 | [c]石森プロ・東映 [c]2014「キカイダー」製作委員会