• INTERVIEW

『プレーンズ2』の瑛太、ハリセンボンの顔へのこだわりに感心!

2014年7月19日 10:00

『プレーンズ2』で声の競演をした瑛太とハリセンボン

瑛太とハリセンボンの近藤春菜、箕輪はるかが、ディズニーの夏休み映画『プレーンズ2 ファイアー&レスキュー』(7月19日公開)の日本語吹替版で初顔合わせ。前作で世界一周のレースで優勝した農薬散布機のダスティが、今度はレスキュー隊となる。『プレーンズ』が大好きだという3人にインタビューし、本作の魅力と、仕事に対するこだわりについて話を聞いた。

パート1からダスティ役を続投した瑛太は、ダスティに親心に近い感情を抱いている。「問題をいろいろと抱えたダスティが、自分のプライドを捨てて決断をしていく。その勇気が良いし、素直だし、飛んでいる姿もすごくかわいい。ちょっと心配にはなりますけどね。それにラストで、火事場の馬鹿力じゃないけど、全身全霊で何かに向かっていく姿に感動しました」。

近藤は、ダスティに恋するヒロインの水陸両用飛行艇ディッパー役を演じた。「ダスティは本当にかわいらしい。でも、自分がやりたいと思ったことに対しては、すごく素直に追いかける。世界一周レースもそうでしたが、レスキュー隊もそうで、やると決めたことは、紆余曲折がありながらもやる。ちょっと男だなって感じで応援したくなります。飛行機ですけど、人間くさいところが魅力です」。

また、近藤は、ダスティよりも、消防ヘリコプターのブレードの方が実は好みのタイプだとか。「どっちかというと引っ張っていってほしいタイプなので。もちろんダスティも魅力的だし、年下だったらすごくかわいいとは思いますが。守ってあげたいし、応援したい」。障害物を取り除く重機・パインコーン役の箕輪も「ダスティは明るくてかわいい。ずっと飛ばせてあげたいなと。母親みたいな気持ちになります」と母性愛を見せた。

本作でのダスティは、自分の命もかえりみずに、レスキューの仕事を全うしようとする。3人は、自分の仕事をやるうえで、こだわっているのはどんな点なのか。瑛太は「現場に入る時、準備をしていく部分はあるけど、基本的には決めつけないで行って、何が起きるのかを楽しみにしています。役にとっても違うけど、『自由にやっていいよ』と自分に言い聞かせながら、いつもやっています」とのこと。

顔や体型を絡めた芸で人気を博す近藤だが、実は知られざる努力をしていることが発覚。「『○○じゃねえよ』というふりをされた時、その人を間違えないってことですね。お客さんから、今までにないふりが入ることもあって。この間、男の子から『ピギー』と鳴いてと言われたので、『ブタじゃねえよ』と返しましたが、いろんな角度から来るふりに、なるべく応えたいんです。だから、政治家の方でも、メガネをかけてぽっちゃりしている人がいると、いつか言われるんじゃないかと思って、名前だけでも覚えておこうとします」。

これには瑛太も、なるほどとうなずきながら感心する。また、箕輪は「テレビ画面に突然ばっと出てきた私の顔を、急に見た方がびっくりしないように、しっかりとメイクをしたりします」とボケを入れる。近藤がすかさず「メイク、薄いですけどね。ナチュラルすぎますけど」と突っ込み、笑いが起きる。箕輪は「健康にも気を遣っています」と笑顔で語った。

『プレーンズ2 ファイアー&レスキュー』では、ダスティが挫折を経験しながらもレスキュー隊として、新たな人生を切り開いていく。瑛太とハリセンボンの2人も、その熱いドラマに、息吹を吹き込んでいるので、日本語吹替版もおすすめだ。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース