• NEWS

働く乗り物たちに注目!『プレーンズ2』のユニークなキャラクターを予習

2014年7月18日 17:13

レスキュー隊員となったダスティと仲間たちがたくさんの命を救おうと奮闘! | [c]2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニー・アニメーション『プレーンズ』(13)の続編『プレーンズ2 ファイアー&レスキュー』がいよいよ7月19日(土)より公開に。前作で高所恐怖症を克服し、世界一周レースのチャンピオンになった主人公の飛行機ダスティが、今度はレスキュー隊に入隊。火災から山岳地帯を守ろうと奮闘する姿が描かれる。ここでは、ダスティと新たな仲間たちの役割を、特典映像と共に解説してみよう。

チャンピオン・レーサーになる前は農薬散布機だったダスティ。その名の通り、田んぼや畑に農薬を撒くヘリコプターである。今回レスキューとして活躍する彼は水上飛行機使用に変身し、湖や池の水を吸水して火事場に撒く役目を担う。また、陽気で楽しい紅一点のディッパーは、ダイナミックな大量放水が得意な水陸両用艇(スーパースクーパー)。湖で約6000リットル以上の水を吸水でき、空から炎をめがけて消火剤を投下する。

続いて、自然と対話することができ、火事を予知できるウィンドリフターは、木材や巨大タンクを運べるちょっぴり不思議な重量貨物ヘリコプター。何ダースもの木材や巨大タンクを吊り下げて飛ぶことができるという。さらに、パラシュート隊を運ぶ元軍用輸送機のキャビーは、最長で約3200キロの距離を飛行。有効搭載量は約5トン、最大離陸重量は約33.5トンという、かなりのタフマンだ。

劇中には飛行機のみならず、自動車たちも登場。先述したパラシュート隊は、空を飛ぶキャビーから火災現場へダイブする小型消火作業車で、現場の障害物を排除するなど、火が燃え広がらないように活動。また、小型フォークリフトの修理工マルーは、上下に動く腕(フォーク)を駆使して、仲間たちの傷を癒したり、性能をあげていく。

勇敢でけなげな“働く乗り物”たちの姿には、子どものみならず大人もぐっと引き込まれること請け合い!特別映像では、彼らの働く姿を垣間見ることができるので予習を兼ねてしっかりチェックしておこう。キュートでユニークな彼らにエールを送りつつ、お気に入りのキャラクターを探してみては!?【トライワークス】


関連映画

関連映画ニュース