• NEWS

ハリセンボン近藤と箕輪が瑛太を巡って恋の略奪戦!?

2014年7月10日 12:02

ハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるかが瑛太のダスティを絶賛

ディズニーの人気アトラクションムービーの第2弾『プレーンズ2 ファイアー&レスキュー』(7月19日公開)のボブス・ガナウェイ監督とプロデューサーのフェレル・バロンが来日。7月10日にスタジオアルタで記者会見が開催され、両名と、日本語吹替版の声優を務めた瑛太、ハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるかが登壇。主人公のダスティを演じた瑛太を巡り、恋の略奪戦トークを繰り広げ、監督とプロデューサーを笑わせた。

ガナウェイ監督は、記録的大ヒット中の『アナと雪の女王』(公開中)について「同じディズニーの仲間として、世界的にヒットしたことは心からうれしい。でも、本作は火がテーマ。『アナと雪の女王』の氷や雪を一気に溶かしてしまうかもしれないね」とコメントし、笑いを取った。

本作では、ダスティがレスキュー隊に入隊し、勇気と友情を力に命がけの救出に挑む。瑛太は映画を見た感想について「僕自身、クライマックスで涙しました。鳥肌が立って、脳みそが震えるような素晴らしい作品を見たなと。今回、携われてすごくうれしく思っています」と大興奮。

ダスティに恋するディッパー役の近藤は「元々、『プレーンズ』やダスティが大好きで、参加できたことと、ちょっと恋模様があるってこともうれしかった。瑛太さんのダスティが、力強さの中に可愛さがあって、魅力的で、すっと恋ができました」とノリノリ。パインコーン役の箕輪もそれに対抗し「ダスティが素敵で、自然に惹かれました」と言うと、近藤は「勝手にそういうシーンを作らないで」と突っ込み、会場は大爆笑となった。

日米のスタッフとキャストが初顔合わせということで、全員でヒットを呼び込むという書道に挑戦。さらに小型重機免許を持つ箕輪はるかが、役柄さながらに、ショベルカーで一筆入魂をした。出来上がった書道作品を見て、瑛太は「これで大ヒット間違いなしです!」と笑顔で語った。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース