• NEWS

佐々木希が笑顔を封印!見たことのない怯えきった恐怖の表情に注目

2014年6月11日 14:00

佐々木希がホラー映画に初挑戦!鬼気迫る恐怖演技を披露 | [c]2014『呪怨 -終わりの始まり-』製作委員会

ファッション雑誌編集部で繰り広げられるドロドロ劇に、一部では“夜の昼ドラ”とも言われ話題を集めている「ファースト・クラス」。同作で、トップの座から転落するも、再起をはかるカリスマモデルを演じているのが自身もモデルとして活躍している佐々木希だ。若手モデルや体型の維持といったプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、踏みとどまっていた“ギリギリ感”を体現した彼女。主演映画『呪怨 終わりの始まり』(6月28日公開)では再び、そんな鬼気迫る熱演を堪能させてくれそうだ。

『呪怨』といえばハリウッドでもリメイクされた、いまや『リング』シリーズとならぶ日本を代表するホラーシリーズ。記念すべき10本目となるのが本作で、佐々木にとっては初のホラー出演作。自身のブログによると、撮影中は普段使わない筋肉を使うため全身筋肉痛だったものの、新鮮な現場をたっぷり楽しんでいたとのこと。劇中では恐怖に悲鳴を上げ、愛らしい笑顔を封印してヒクヒクと顔をひきつらせるなど、いままでにない新境地でたっぷり魅せてくれるのだ。

前作『風俗行ったら人生変わったwww』(13)では風俗嬢役、そして次回作『さいはてにて かけがえのない場所』(冬公開)ではシングルマザーのキャバクラ嬢と、これまでのキュートな“のぞみん”像を打ち破るかのような役どころが続いている佐々木。シリーズ中“最凶”ともいわれ、女優としてのターニングポイントになるかもしれない1本、恐怖にとことん追い詰められる彼女を震えて刮目せよ!【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2014『呪怨 -終わりの始まり-』製作委員会| [c]2015「さいはてにて」製作委員会| (C)2014『呪怨 -終わりの始まり-』製作委員会| [c]2014 『劇場版 零 ゼロ』製作委員会