• NEWS

山田孝之が綾野剛の人気に脱帽「飛ぶ鳥しか落とさない」

2014年5月01日 21:45

『闇金ウシジマくん Part2』の完成披露舞台挨拶が開催!

『闇金ウシジマくん Part2』(5月16日公開)の完成披露試写会が5月1日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、ウシジマ役の山田孝之をはじめ、綾野剛、菅田将暉、木南晴夏、門脇麦、高橋メアリージュン、中尾明慶、窪田正孝、本仮屋ユイカ、柳楽優弥、崎本大海、やべきょうすけ、山口雅俊監督の総勢13名がズラリと登壇。2010年にドラマ化が実現して以来、人気を博している本シリーズだが、山田は「ドラマのシーズン1から考えると、(シリーズが)大きく成長したことを実感している。続けてきた意味があると思っています」と充実の表情で挨拶した。

累計800万部突破の真鍋昌平の原作コミックを実写化し、法外な金利で金を貸す闇金、カウカウファイナンスの社長・ウシジマと、彼の元を訪れる債務者たちの姿をリアルに描く本作。今回、ウシジマをめぐる壮絶な生存競争に、旬の若手キャスト陣が顔をそろえた。山田も「すごい豪華ですよね」と登壇者を見渡し、大満足の様子だ。

そんななか、テレビドラマの第2シリーズから登場したウシジマの相棒を演じるのが綾野だ。プライベートでも親交のある山田と綾野だが、綾野は「この作品に参加できるのは、本当に嬉しい。生のウシジマくんを見られた」と喜びの一言。「役者としても尊敬していますし、信頼していますから、心地が良かったですね」と山田への信頼感を明かすと、山田も「飛ぶ鳥しか落とさない綾野剛ですから。出てくれて良かったです」と笑顔を見せていた。

また、ホストに恋をしたことから転落人生を歩む少女に扮しているのが門脇。門脇は「落ちていく女の子に見えると思うんですけど、自分としては一人の普通の女の子を演じるような気持ちでいた」と真摯な眼差しを向けた。山田も「麦ちゃんのシーンは、見ていて胸をえぐられるような、深い傷をつけられるような気持ちがした」と門脇の熱演の感想を明かし、「笑えるところと、苦しいところ、そのバランスが『ウシジマくん』の良さだと思った」と改めて、本シリーズの魅力を実感したという。

最後には山田が「今回、本当にすごく面白いです」と完成作に胸を張り、「みなさんがキャラクターをしっかりと作り上げて、振り切ってやっている。キャラクターとしてはクズばかりですが、俳優としては最高に格好良い姿を見られます。キツいところもしっかりと受け止めて、ウシジマの良さを楽しんでほしい」とアピール。会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2014 真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作委員会| [c]2014真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん2」製作員会