• NEWS

綾瀬はるか、ルーブル美術館で居眠り!松坂桃李の暴露に必死に弁解

2014年4月24日 19:40

ルーブル美術館での居眠りが発覚!綾瀬はるかが照れ笑い

綾瀬はるか主演最新作『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳』(5月31日公開)の完成披露会見が4月24日にグランドハイアット東京で行われ、綾瀬をはじめ、松坂桃李、初音映莉子、村上弘明、佐藤信介監督が出席。綾瀬は「モナリザの瞳に魅了されに来てください!」と晴れやかな笑顔で映画をアピールした。

累計400万部を突破している「万能鑑定士Qの事件簿シリーズ」を原作に、レオナルド・ダ・ヴィンチが手掛けた歴史的な絵画“モナ・リザ”に隠された謎と陰謀に迫る本格ミステリーだ。綾瀬が演じるのは、高校時代は劣等生だったものの、豊かな感受性を活かした勉強法で、驚異的な鑑定眼と記憶力を持つようになった“天才鑑定家”。

綾瀬は「演じたのは、聡明な部分と、抜けている部分がある天真爛漫な女性。普段と、鑑定をする時との切り替えを意識した」と役作りの過程を述懐。佐藤監督も、綾瀬が役に入る時の切り替えには「いつも驚かされていた」と舌を巻き、「僕が無理難題を注文しても、スポーツ選手のように全てを打ち返してくる。ほんわかしているように見えて、非常にテクニシャン」と綾瀬を絶賛。「テクニシャン」と評された綾瀬は、「あはは!」と爆笑だった。

松坂とは初共演となった綾瀬。松坂の印象を聞かれると「たまに、おじいちゃんみたいな時がある」と話し、松坂も苦笑い。一方の松坂は「綾瀬さんは、現場でのたたずまいがとてもしなやか」と分析。「カメラの前に立った時の、パッと切り替える集中力がすごい。今まで会った役者さんのなかでも、あまりいないくらい」と、佐藤監督と同様に綾瀬の女優魂に驚いていた。

パリのルーブル美術館で、日本映画史上初の本格撮影を行ったことでも話題の本作。「パリに行ったのも初めて」と目を輝かせた綾瀬だったが、松坂は「綾瀬さんは、ルーブルの階段でお眠りになっていた」と綾瀬の居眠りを暴露。綾瀬は照れ笑いを見せながら、「それは本当のことですが、寝ている方は結構いましたよ!ルーブルも、最初は警備が厳しかったんですが、だんだん警備の方も少なくなっていって。自由にさせてもらっていました」と必死に弁解していた。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会| (C)NTV| (C)2014 「万能鑑定士Q」製作委員会| (C)NHK| (C)MBS