• TOP
  • ニュース
  • 映画前売券はこんなに進化している!「ムビチケオンラインGIFTカード」を使ってみた
  • NEWS

映画前売券はこんなに進化している!「ムビチケオンラインGIFTカード」を使ってみた

2014年4月23日 15:15

現在発売中の「ムビチケオンラインGIFTカード」
現在発売中の「ムビチケオンラインGIFTカード」

最近、オンライン商品のプリペイドカードを目にする機会が多くなった。コンビニ店頭など各所で販売されており、購入者も増えているようだ。ざっと主な種類を挙げてみると、ショッピング・各種支払に使用できる「Amazonギフト券」や「楽天ポイントギフトカード」、電子書籍・音楽・アプリなどのデジタルコンテンツを購入できる「iTunesカード」「Google Play カード」、ゲームなどをダウンロード購入できる「プレイステーションネットワークカード」や「ニンテンドープリペイドカード」、さらにGREEやmobage、Amebaの仮想通貨を購入できるものまで、実にさまざまなジャンルのカードが販売されている。

クレジットカードを所持していなくても購入でき、あらかじめ上限が決まっているので使いすぎることもないという利便性がウケているようだが、実は映画の前売券でもこのカードがあるということをご存知だろうか?それが「ムビチケオンラインGIFTカード」 。こちらは今年の1月より販売を開始した、インターネットで購入・座席指定ができる映画の電子前売券「ムビチケ」のプリペイドカード。通常の映画前売券だと作品が限定されているが、こちらは好きな作品をムビチケのHPから自由に選べるというもの。ちなみに「GIFT」と銘打っているが、もちろん自分で使用するのも問題ナシだ。

そもそも「ムビチケ」とは、オンラインで購入・座席指定ができる映画前売券のこと。ペーパーレスな電子前売券「ムビチケオンライン券」と、カード型の前売券「ムビチケカード」の2種類が存在しており、前述の「GIFTカード」は「ムビチケオンライン券」の購入専用プリペイドカードにあたる。実際にどのような手順になるのか、購入するところから試してみた。

●実際に購入してみた

「ムビチケオンラインGIFTカード」は現在、紀伊國屋書店のプリペイドカード売り場で購入することができる(一部取り扱いのない店舗もあり)。今回は都内の店舗に行ってみたが、レジ前などに各種プリペイドカードと一緒に並んでいるので、すぐに見つけることができた。ちなみにカードは青い1400円のものと、赤い2800円の2種類の券がある。もし1400円券で1300円のチケットを購入した場合、未使用残金分はカードを追加購入するか、クレジットカード支払いと合わせることで利用することが可能となっている。

カードを使用する場合は、まずムビチケのHPに行き、「ムビチケオンライン券」のラインナップの中から鑑賞したい作品を選ぶ。今回は『アメイジング・スパイダーマン2』(4月25日公開)で試してみた。まず「購入」ボタンをクリックし、利用規約に同意すると、「ムビチケ会員」かどうかの選択画面に。ムビチケ会員登録しておけば、次回以降入力の手間が省けるが、もちろん会員でなくても購入できるので安心だ。

次に券種と枚数を選択し、購入者情報を入力した後は「支払い方法」で「ムビチケオンラインGIFTカード」を選択。するとコードを求められるので、カード裏面のスクラッチを削り入力するだけ。購入を確定すれば、チケット情報が入力したアドレス宛にメールで送られてくるので、そこに記されている「購入番号」を使えば、予約が可能になったタイミングで各劇場のWEBサイトから座席指定することができるというわけだ。

●注意すべき点も

実際に使用してみると非常に便利なカードであるとよくわかるのだが、注意しなければならない点もいくつかある。まず、有効期限が購入日から半年間であることと、見たい映画のムビチケオンライン券を「ムビチケオンラインGIFTカード」で購入できるのは、その映画の公開日前日23時59分までであること。カード裏面には購入日を忘れないよう控えておける記入欄があるので、活用するのが良いだろう。またムビチケのサイトには、カード裏面のコード番号を入力するだけで有効期限、残高、履歴確認ができるページもあるので、うっかりいつ購入したかを忘れてしまっても安心だ。

次に、「ムビチケオンラインGIFTカード」を直接劇場に持って行っても利用できないということ。事前にオンラインでチケットの購入・座席指定を済ませてから映画館へ向かおう。さらに、このGIFTカードを利用して購入したムビチケオンライン券の返品・返金はできないという点も気をつけておきたい(クレジットカードで購入した場合も返品・返金不可)。

そして最も肝心なのが、ムビチケのサービスが利用可能な作品、対応している映画館でなければならないということ。メジャー系の話題作ならほぼ対応しており、全国3分の2以上のシネコンで利用可能だが、念のため注意しておく必要があるだろう。ムビチケでは取り扱い作品・対応劇場が順次拡大中であるため、今後の展開に期待したいところだ。

●やっぱり便利!

自宅や外出先から座席指定ができ、鑑賞当日は並ばずに入場できるという便利さ。これを使わない手はないだろう。それに通常の前売券と違って、GIFTカードさえ購入しておけば見たい映画を後で選べるので、ギフトとして贈るのはもちろん、「何か映画を見たい…でも何にしようか決まっていない」なんて人にもオススメ。興味はあるけれど難しそう、面倒くさそう、と心配に思っていても、きっとその便利さに驚くはずなので、まずは試してみてほしい。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース