「蘭ちゃんの若い頃にそっくり!」水谷豊&伊藤蘭の娘の儚げな表情がグッとくる! |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2014/4/12 9:00

「蘭ちゃんの若い頃にそっくり!」水谷豊&伊藤蘭の娘の儚げな表情がグッとくる!

ちょっと変わった人々の愛の行方を描き続ける女性漫画家ふみふみこ。そんな彼女のコミックを映画化したのが『恋につきもの』(4月12日公開)だ。特異体質の女子高生の愛を描く「いばらのばら」、とある夫婦の物語「豆腐の家」、恋する幽霊の物語「恋につきもの」という3編からなるオムニバスの本作の出演者の中でひときわ存在感を放っているのが、幽霊のこはるを演じた趣里だろう。

舞台や映画などで活躍する彼女、誰かに似ているな…なんて思う方もいるのでは?そう、彼女は父親が水谷豊、母親が伊藤蘭という正真正銘のサラブレッドで、11年にテレビドラマ「3年B組 金八先生ファイナル」で女優デビューした際には、武田鉄矢も「蘭ちゃんの若い頃にそっくり」と言わせたほどで、往年のファンは面影を感じるはず。

本作では、自分のことを忘れてしまいそうになる恋人の前に現れる幽霊をキュートに演じているが、「幽霊とは意識せずに自然にそこにいるということを心がけました。声が届かないってこういう事なんだ…」と、幽霊になっても思い続けるせつなさを見事に体現してみせた。

昨年、『少年H』で両親が夫婦役で共演して話題を呼んだが、いつか、親子3人での共演なんてのもあるかも。その日まで、女優としての彼女の成長を見届けたいところだ。【トライワークス】

関連作品

  • 恋につきもの

    -
    0
    ふみふみこの同名コミックを原作に実写映画化したオムニバス