• NEWS

井上真央、「地味にヒットしたい」。蓮佛美沙子は「綾野さんは変わった人でした」と舞台挨拶でつぶやく

2014年3月29日 13:48

井上真央、綾野剛、菜々緒たちが『白ゆき姫殺人事件』をアピール
井上真央、綾野剛、菜々緒たちが『白ゆき姫殺人事件』をアピール

ベストセラー作家・湊かなえの同名小説を映画化した『白ゆき姫殺人事件』の初日舞台挨拶が、3月29日に丸の内ピカデリー1で開催。主演の井上真央、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、貫地谷しほり、原作者の湊かなえ、中村義洋監督が登壇。主人公の地味なOL・城野美姫役の井上は「こんなに地味地味と言われることもなかなかないですが」と言うと、会場から「地味じゃないよ!」と声が上がり、笑顔を見せた。

公開初日なので、今だから言える内容を全員がつぶやくことに。井上は「地味にヒットしたい。しぶとく長く」と、控えめに訴えると、本作で映画初出演を果たした菜々緒は「映画がヒットしなければ、Twitterを止めます!」と宣言。「映画も炎上するような形で、絶対にヒットするという自信があるので」と力強く語った。井上は慌てながら「どうしよう。地味でも良い?でも、1回は1位、行きたいよね?」と言うと、中村監督は「『アナ(と雪の女王)』がね…。でも、そろそろ『白ゆき姫』も!」と、コメント。

蓮佛は「綾野さんは変わった人でした」と撮影を振り返り、「電話をするシーンでは、実際に来てくださって、ずっと電話の相手をしてくださった」と言うと、綾野は「現場でずっとつながったままだったから、何かあるのかと思って、ずっとしゃべっていました」と苦笑い。蓮佛も「面白い人だと思って、しゃべっていました」と笑顔で語った。

『白ゆき姫殺人事件』は、化粧品会社で働くOL城野美姫(井上真央)が、ある日、美人の同僚・三木典子(菜々緒)殺害の疑惑をかけられ、インターネットやマスコミの報道により、追い詰められていくというサスペンス。『ゴールデンスランバー』(10)の中村義洋監督が、斬新なアプローチで映画化した。原作者の湊かなえも「映画がとても面白すぎて、原作者として心地良い敗北感を感じています」と、映画の出来栄えに太鼓判を押している本作に、乞うご期待!【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース