• TOP
  • ニュース
  • ミック・ジャガーが喪主を務め、恋人ローレン・スコットの葬儀がしめやかに営まれる
  • GOSSIP

ミック・ジャガーが喪主を務め、恋人ローレン・スコットの葬儀がしめやかに営まれる

2014年3月26日 11:17

恋人ローレンの葬儀で喪主を務めたミック
恋人ローレンの葬儀で喪主を務めたミック写真:SPLASH/アフロ

3月17日にマンハッタンのマンションで自殺したミック・ジャガーの恋人ローレン・スコットの葬儀が、25日の朝10時からロサンゼルスでしめやかに行われた。

オーストラリアのコンサートを延期して急遽ロサンゼルスに戻ったミックは、ショックで体調を壊していたと伝えられていたが、しっかりと喪主を務めたようだ。

「ローレンの遺体は23日にニューヨークからロサンゼルスに移送された。ミックやミックの6人の子どもたちをはじめとする約60人の家族や近しい友人らが、多くのハリウッドセレブや著名人たちが眠るHollywood Forever Cemeteryに集まり、ローレンの冥福を祈った。メディアや部外者を完全にシャットアウトするためにメインゲートは閉じられ、強力なセキュリティ下で行われた」と、デイリー・ニュース紙が伝えている。

デイリー・メール紙によれば、約2時間半にわたって行われた葬儀には、ローレンとは25年来の友人でありレッドカーペットでもローレンのデザインしたドレスを着ていたニコール・キッドマンや夫のキース・アーバン、ブライアン・アダムスらも参加したという。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース