• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 石原さとみに中田秀夫監督がベタ惚れ!?「目を取り出して食べたいくらい可愛い」
  • NEWS

石原さとみに中田秀夫監督がベタ惚れ!?「目を取り出して食べたいくらい可愛い」

2014年3月19日 15:19

『MONSTERZ モンスターズ』の完成報告イベントが開催された

サスペンス・アクション『MONSTERZ モンスターズ』(5月30日公開)の完成報告イベントが3月19日に東京ミッドタウンアトリウムで開催され、藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、中田秀夫監督が登壇。ステージを360度取り囲むようにファンが集結、キャスト陣が現れると大歓声がわき起こった。

ひと目ですべての人間を思い通りに“操れる男”と、唯一“操れない男”という、対立する能力を持って生まれた宿命の2人の壮絶な闘いを描く本作。“操れる男”を演じるのが藤原、彼が“操れない男”・終一役を山田が演じている。日本映画界きっての若手演技派の2人だが、意外にも本作が初共演となった。藤原は「山田孝之なくしては、成立しない映画」と山田の存在感を絶賛。「今回は、孝之くんが大アクションシーンを見せている。格闘家の川尻達也さんや、1000人くらいの人と闘っている。大変だったと思う」と労をねぎらっていた。

アクションが見どころとなる本作について、山田は「中田監督からの指示の98パーセントは、『もっと目を見開いて!』ということだった」と述懐。さらに、「演じたのは普通の男。他の作品のアクションと違って、スマートだったり、格好良く見えないよう、(相手を)ギリギリのところでかわすように気をつけた」とこだわりを教えてくれた。

また、2人の闘いに翻弄される女性を演じているのが石原だ。石原は「私は操られる役なので、つばを飲み込んでも、鼻をピクピクさせてもダメ。まばたきをしてもいけないので、目が乾く撮影でした」とニッコリ。Jホラーの立役者である中田監督は、「さとみちゃんが操られている時に、黒目が寄るところが、可愛くて、可愛くて」と石原にベタ惚れ。続けて「取り出して食べたいくらい可愛かった」と目尻を下げると、石原も「ええ~!?そこですか!?」と照れ笑いを見せていた。

“対決”がテーマとなる本作。プロモーションでは、藤原と山田が様々な対決に挑むという。第1弾としてこの日は、“あっちむいてホイ”対決がスタート。1回戦は藤原が勝利し、2回戦は山田が勝ったが、3回戦で再び藤原がポイントを奪取。第1弾の対決は藤原に軍配が上がった。【取材・文/成田おり枝】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2014「MONSTERZ」FILM PARTNERS| [c]2014『サンブンノイチ』製作委員会