岡村隆史、ハリウッド進出決定!?ベン・スティラーからの出演オファーに「ギャラ1万2000円で」と提案 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2014/3/17 22:33

岡村隆史、ハリウッド進出決定!?ベン・スティラーからの出演オファーに「ギャラ1万2000円で」と提案

ベン・スティラーが監督&主演作『LIFE!』(3月19日公開)を引っさげて来日。3月17日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催されたジャパンプレミアに、日本語吹替版の声優を務めた岡村隆史と共に出席し、レッドカーペットを歩いた。岡村は「ベンさんは、すごく優しくてすごく良い人。すぐに握手をしてくれた」と人柄を絶賛。ベンも「岡村さんと関わることができて幸運でした」と、岡村と意気投合していた。

舞台挨拶では、岡村がベンに売り込みをかけると、ベンは「是非、一緒にバディムービーをやりましょう。日本人とアメリカ人のバディとして、『ビバリーヒルズ・コップ2』など、どうですか?」とノリノリの様子。岡村も「おお!プロミス!イエイ」と英語で答えた後「ハリウッド進出が決まりました!」と堂々と宣言した。

さらにベンは「いま、『ナイト ミュージアム3』を撮影しているので、その声優もやってください」とオファー。岡村は「すごい!あ、僕、日本で妖怪の役やったことあります。だから妖怪役で出られないでしょうか?」とアピール。ベンは「うーん。それも可能かもしれません」と苦笑いした後「明日、帰るので、一緒に行きましょう。僕の家に泊まれば良いから」と提案。

最後に岡村が「オファーの話は本当ですか?」と念を押すと、ベンは「オフコース。でも、スタジオの方と交渉しなければ。ギャラが高いでしょ?」と振ると、岡村は「ローマニー。1万2000円で」と提案。ベンは「OK!」とのことで、商談は成立!? でも、岡村は終了後の囲みの会見で「ベンさんに『明日は、バラエティの収録があるので難しいです』と伝えようと思ったら、もういなかったです」と苦笑いし、笑いを取った。

『LIFE!』は、出版社に勤める平凡な男(ベン・スティラー)が、廃刊の決まった雑誌の表紙を飾る写真を撮影したカメラマンを探すため、壮大な冒険を繰り広げるという奇想天外な物語。現実と空想が入り混じる映像マジックにも注目だ。【取材・文/山崎伸子】

関連作品

  • LIFE!

    3.7
    28
    『ナイト ミュージアム』シリーズのベン・スティラー監督・主演による人間ドラマ