• TOP
  • ニュース
  • 恋愛に理想はいらない!?究極のブロンド美女を演じたS・ヨハンソンのインタビュー映像を公開!
  • NEWS

恋愛に理想はいらない!?究極のブロンド美女を演じたS・ヨハンソンのインタビュー映像を公開!

2014年3月12日 16:30

『ドン・ジョン』でポルノしか愛せない男の理想像として登場するスカーレット・ヨハンソン
『ドン・ジョン』でポルノしか愛せない男の理想像として登場するスカーレット・ヨハンソン[c]2013 Don Jon Nevada, LLC. All Rights Reserved.

“最もセクシーな女性”として名高いハリウッド女優、スカーレット・ヨハンソン。先日、第一子の妊娠が報道され、自身が出演する人気シリーズ『アベンジャーズ』(12)続編への影響が噂されるなど、なにかと話題を振りまいている。そんな彼女がヒロインを務める最新作はジョゼフ・ゴードン=レヴィットが初監督に挑み、主演もこなすラブコメディ『ドン・ジョン』(3月15日公開)だ。この度、本作のプロモーションで自身の恋愛観を打ち明けたヨハンソンのインタビュー映像を入手したので紹介したい。

本作の主人公は、一見女にモテモテのプレイボーイだが、毎夜のポルノ鑑賞がどうしても止められない“ドン・ジョン”。そんな彼が究極のブロンド美女・バーバラ(ヨハンソン)と出会い、ポルノを超える極上のセックスを求めて奮闘するというストーリーだ。ヨハンソン自身のイメージをそのまま体現したようなバーバラは男の理想そのものだが、彼女もTVや映画に出てくるような“王子様”に憧れる夢見がちな女性として登場する。

インタビューでヨハンソンは「理想を持ってしまうとゆとりがあまりなくなるの」と自身の恋愛観を吐露。そして「実際、女性として男性に仕事や責任感を期待することはあると思う。でも相手に求めてることにこだわってしまうと、誰かと一緒に成長する機会を逃すことになるわ」と、これまで数多くの恋を経てきた彼女らしいアドバイスを語っている。

ジュリアン・ムーアらの豪華共演や、予想だにしない結末など、目が離せないエンタテインメント作に仕上がっている『ドン・ジョン』。描かれる男女関係のなかに、ヨハンソンのような幸せを掴むヒントが隠されているのかもしれない。【Movie Walker】


関連映画

関連映画ニュース