• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • レッドカーペットを彩った女優陣のファッションチェック!ルピタ・ニョンゴの勝負ドレスに軍配、アン・ハサウェイは胸元ガード!?
  • NEWS

レッドカーペットを彩った女優陣のファッションチェック!ルピタ・ニョンゴの勝負ドレスに軍配、アン・ハサウェイは胸元ガード!?

2014年3月03日 18:57

賞の行方と合わせてそのファッションにも注目が集まっていたルピタ・ニョンゴ | 写真:SPLASH/アフロ

『ゼロ・グラビティ』が7冠を達成した第86回アカデミー賞授賞式。今年もレッドカーペットでは、豪華女優陣がきらびやかなドレスやジュエリーで、美の競演を繰り広げた。

ホワイトやヌードベージュなど、淡いカラーのドレスが目立った今年のレッドカーペット。この日、ぐんと注目を集めていたのは、『それでも夜は明ける』(3月7日公開)で助演女優賞を手にしたルピタ・ニョンゴ。これまでビビッドカラーのドレスを披露してきたルピタだが、この日はプラダのシャンパンブルーのドレスをセレクト。胸元と背中部分が大胆にV字カットされていたが、決していやらしくないのは、彼女の溌剌とした魅力のおかげ。全身にプリーツが施され、裾に向かって広がるラインも実に美しかった。爽やかなドレスが、受賞の晴れやかな笑顔を彩る最高の演出となった。

もう一人、ハッとするような美しさで観客の目を釘付けにしたのは、『ブルージャスミン』(5月10日公開)で主演女優賞を受賞したケイト・ブランシェットだ。肌の色に近いヌードベージュのシースルードレスはアルマーニのもの。全身にゴールドのスパンコールがほどこされたエレガントな1枚は、ケイトのブロンドヘア、揺れるショパールのイヤリングとも相性抜群。落ち着いたなかにも輝きを放つ、さすがの着こなしだった。イディナ・メンゼルは、ヴェラ・ウォンのグリーンのドレスでレッドカーペットを闊歩したが、ステージでは一転。ベージュのドレスで登場し、歌曲賞を受賞した「Let It Go」を歌い上げた。刺繍やビジューが美しいアクセントとなり、ステージをドラマチックに盛り上げた。

淡いカラーのドレスが多いなか、ディオールの真っ赤なドレスで存在感を見せつけたのが、ジェニファー・ローレンス。ニール・レーンのアクセサリーとシルバーのクラッチバッグが、キリリとコーデを引き締めていた。授賞式でも、司会のエレン・デジェネレスから「また転んだわね、見たわよ」といじられ大爆笑してみたり、エレンが配ったピザをほおばってみたりと、飾らない表情でたっぷりと楽しませてくれた。

昨年のプラダのドレスが“乳首ドレス”と揶揄されたアン・ハサウェイは、グッチのホルターネックのドレスをチョイス。ブラック地のタイトなロングドレスで、首元からウエストまでびっしりと施されたシルバーのビジューがインパクト大。胸元をがっちりとガードしたようにも見えるドレスは、好みが分かれるところかもしれない。

そのほか個性が光ったのが、プレゼンターとして登場したペネロペ・クルス。ジャンバティスタヴァリのピンクのドレープドレスは、胸元でリボン結びにしたブラックベルトがポイント。レディー・ガガは、ヴェルサーチのメタリックドレスで個性派の貫禄。ガガファンには物足りない衣装だったかもしれないが、十分に周囲の視線をさらっていた。【Movie Walker】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| Michael Yada / [c]A.M.P.A.S.| hoge| [c]2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.| [c]2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.| [c]2013 AUGUST OC FILMS, INC. All Rights Reserved.