• GOSSIP

フィリップ・シーモア・ホフマンの死亡原因が明らかに

2014年3月01日 16:25

2月28日、フィリップの死亡原因が正式に発表された | 写真:SPLASH/アフロ

2月2 日に、ニューヨーク、マンハッタンの自宅マンションの浴室で、46歳の若さで急死したオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンの死因が明らかになった。28日、ニューヨーク検死官が正式に明らかにしたもの。

フィリップの部屋からは、70袋のヘロインと20本の注射針が見つかっていたことから、死因は薬物の過剰摂取と言われていたが、3日に行われた検死結果では明確な死因は限定できておらず、さらなる毒物学的検査と組織検査が行われていた。

「検査の結果、フィリップの組織からはコカイン、ヘロインのほか、処方箋薬であるトランキライザー(不安感を緩和する精神安定剤)とアンフェタミン(覚せい剤)が検出されました。死因は、これらの薬物が同時に摂取されたことによる突然死という結論に至りました」と、スポークスマンがピープル誌などのメディアに明らかにした。

致命的と言われるスピードボール (コカインにヘロインを混ぜた麻薬)の摂取が原因で急死した有名人には、23歳という若さで亡くなったリヴァー・フェニックスや、人気絶頂のなか33歳で急死した人気コメディアン、ジョン・ベルーシなどがいる。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ