• NEWS

キラキラよりギラギラ!?『グレイトフルデッド』の新星・瀧内公美に注目

2014年2月28日 20:47

『グレイトフルデッド』の瀧内公美に注目!
『グレイトフルデッド』の瀧内公美に注目!

現在開催中の第24回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭。2 月28日に招待作品『グレイトフルデッド』の舞台挨拶が開催され、主演の瀧内公美、来日したキム・コッピ、矢部太郎、内田英治監督が登壇。オーディションでヒロインの座を勝ち取った瀧内については「何百人か見たけど、キラキラしたよりギラギラした人がほしかった」と言うと、瀧内は「私みたいに売れてない女優は、根拠の無い自信しかない。それで(オーディションに)行きましたので、本当?って思いました」とうれしそうに振り返った。

『グレイトフルデッド』は、超高齢化社会という重い社会問題を、痛快に描いたブラックコメディだ。ゆうばりファンタ初参加の内田監督は「ごちゃごちゃしたカオス感、いろんな人がミックスされている感じが面白いです」と笑顔で語った。瀧内は、ゆうばりについて「すごく温かいなと。『おかえり、おかえり』と言ってくださる。夕張メロン熊もすごくて(笑)。また、屋台村も立ち飲みみたいな感じで楽しかったです」とコメント。

『息もできない』(08)のキム・コッピは、昨年に続いてゆうばりに参加。「映画祭に毎年来ているので、毎回感想を聞かれます(笑)。ゆうばりの人たちが温かくて、雪がきれい。映画祭の雰囲気が良いです」とご満悦の様子。

矢部は、撮影で参加できなかったプロデューサーの木下ほうかからのメッセージ「本日は、お足下の悪いなか、ゆえに、たどり着けませんでした」を代弁し、笑いを取った。ゆうばりについては「最高です。僕、昨日歩いてたら、揚げ芋をいただいたのですが、おばちゃん、僕が躊躇してたら、口の奥まで入れてくれた」と苦笑い。矢部は、独自のキャラクターで、舞台挨拶のムードメーカーを務めた。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース