• Movie Walker TOP
  • ニュース
  • 黒木華、笑顔で帰国会見。ベルリン最優秀女優賞は「みんなでもらった賞」と喜びの声
  • NEWS

黒木華、笑顔で帰国会見。ベルリン最優秀女優賞は「みんなでもらった賞」と喜びの声

2014年2月17日 12:15

快挙の黒木華、笑顔で帰国会見!

第64回ベルリン国際映画祭で、日本からコンペティション部門に出品されていた山田洋次監督『小さいおうち』(公開中)に出演した黒木華が最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。黒木が2月17日に現地から帰国し、成田空港で喜びの会見を行った。黒木は「ビックリしました。まさか自分が」と発表の瞬間を述懐。「私が大きなことをしたわけではなく、山田監督が素晴らしい映画を撮り、それが海外の方に認められたことが嬉しい。みんなでもらった賞です」と笑みをこぼれさせた。

日本人の同賞受賞は1964年の左幸子、1975年の田中絹代、2010年の寺島しのぶ以来、歴代4人目。黒木は「信じられないです。素敵な女優さんのなかに名前を入れていただくことになり、これから頑張らなきゃと思います」と目を輝かせる。また23歳の黒木にとって、同賞の日本人受賞者としては最年少となる。最年少受賞について感想を聞かれると黒木は「おお!」と素直な一言を発し、会場の笑いを誘っていた。

『小さいおうち』は、名匠・山田洋次監督が第143回直木賞を受賞した中島京子のベストセラー小説を映画化。昭和初期を舞台に、“小さいおうち”に住む、とある一家で起きた恋愛事件の真実を描く物語。黒木は、この家に奉公し、女主人を慕い続ける女中・タキ役を演じた。

黒木は「この役をやらせていただいて、本当にラッキー。運が良かったと思っている」とうなずき、「山田監督とお食事をした時に、『僕は自分の作品に出ている役者さんが賞をもらったり、喜んでいるのを見るのが好きなんだ。華ちゃんが獲ってくれて嬉しいよ』とおっしゃってくれて。監督が喜んでくださって本当に嬉しい」と、山田監督の温かな言葉に一層、励まされた様子。山田監督からはその古風な佇まいから、「今どきのタイプではないので、かっぽう着が似合う」との評価も受けたとのことだが、黒木は「そのおかげでタキちゃんを演じられたので、そう思っていただけて嬉しい。でも、自分で意識しているわけではないので、私も普通に今どきですよ」とはにかみ、会場も笑いに包まれた。

「母と父には電話で報告した」と黒木。大学在学中に野田秀樹の演劇ワークショップに参加し、舞台デビューも野田作品だった。「野田秀樹さんからもコメントをいただいて、(野田さんは)私のスタートでもあるので、それはもう、本当に嬉しかった」と恩師からの言葉に喜びもひとしおだ。

ますますの活躍が期待されるが、目標とする女優像を聞かれると、本作で共演も果たした松たか子の名前を挙げた。「一緒に出られたことも嬉しくて、松さんも喜んでくださっているようで本当に嬉しい。(受賞は)私の人生で大きなものになるけれど、あまり気にせず自分自身のペースを持って頑張っていけたら」と真っ直ぐに未来を見つめていた。【取材・文/成田おり枝】


関連映画

関連映画ニュース

[c]2014「小さいおうち」製作委員会| [c]NHK