• TOP
  • ニュース
  • アン・ハサウェイがオスカーW女優賞受賞のチャンスを逃した理由
  • GOSSIP

アン・ハサウェイがオスカーW女優賞受賞のチャンスを逃した理由

2014年1月19日 18:49

アカデミー賞W女優賞受賞のチャンスを逃していたことがわかったアン
アカデミー賞W女優賞受賞のチャンスを逃していたことがわかったアン写真:SPLASH/アフロ

アン・ハサウェイは昨年のアカデミー賞で、『レ・ミゼラブル』(12)のファンティーヌを演じ助演女優賞を受賞したが、実は、主演女優賞を受賞したジェニファー・ローレンスの対象作品『世界にひとつのプレイブック』(12)も当初はアンが主演する予定だったそうで、W女優賞受賞の一世一代のチャンスを逃していたことがわかった。

これは『世界にひとつのプレイブック』のプロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが明らかにしたもので、アンは同作のデヴィッド・O・ラッセル監督とクリエイティブな面で意見が衝突し、自ら降板していたようだ。

「あの映画の主役は、当初アン・ハサウェイとマーク・ウォールバーグになるはずだった。だが、アンが降板した。彼女は素晴らしい。アンは僕が選んだのさ。僕は彼女が大好きだからね。アンの出演が決まり、マークも決まっていたんだが、ああいう風になってしまった。デヴィッドとアンの作品に対する意見が対立してね。彼らは気が合わなかった。それでジェニファー・ローレンスと数人の女優が候補に挙がった。僕は『いったいどうやってアンの代わりを見つけるんだ』と言っていたんだよ。そしたら、ある素晴らしい人物(ジェニファー・ローレンス)が部屋に入って来て、それですべてが決まった」とワインスタインが語ったことをE!Onlineが伝えている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画

関連映画ニュース