• GOSSIP

第86回アカデミー賞ノミネート直前予測 監督賞編

2014年1月16日 13:40

『ゼロ・グラビティ』のアルフォンソ・キュアロン監督(右) | 写真:SPLASH/アフロ

現地時間16日(木)のアカデミー賞ノミネート発表を前に、現地時間の8日に投票が締め切られ、12日にゴールデングローブ賞(以下GG賞)の授賞式が行われた。

今年は例年以上に結果が読みにくく、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』と『アメリカン・ハッスル』が全米で封切られた12月中盤から状況が大きく変化しているが、昨今の例から監督賞は毎年最後まで結果が読めず、一番どんでん返しが起こりやすいカテゴリーとも言われている。

そこで、ノミネート発表を直前に控え、indiewire.com、goldderby.com、vulture.comなど業界関係者の分析による、カテゴリー別直前予測をまとめてみた。

監督賞でノミネートが確実視されているのは、作品賞と同様に、『ゼロ・グラビティ』のアルフォンソ・キュアロン監督と『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督、そして終盤で一気に追い上げてきた『アメリカン・ハッスル』のデヴィッド・O・ラッセル監督だ。

しかしデヴィッド監督は、キャストにトロフィーを与える天才であり、今回も自らの手でトロフィーを握るのは難しいのではないかと言われている。

GG賞ではアルフォンソ・キュアロンが監督賞を受賞し、作品賞を『それでも夜は明ける』が受賞しているが、当初オスカーでも同じパターンが予測されていたものの、毎年監督賞はGG賞とオスカーで異なるパターンが多いこともあって、現時点ではまったく予測不能な状況になっている。

『キャプテン・フィリップス』のポール・グリーングラス監督のノミネートも確実視されているが、5席中あとの1席は、アカデミー会員が好むと言われている『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』のアレクサンダー・ペイン監督、『インサイド・ルーウィン・ デイヴィス 名もなき男の歌』のコーエン兄弟監督、そして、内容が近未来であるため高齢者の男性が多い会員にどれだけ受け入れられるかという問題もあるものの、『her 世界でひとつの彼女』のスパイク・ジョーンズ監督、そして内容が物議を醸しているものの侮れない存在になっている『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のマーティン・スコセッシ監督がとり合うことになりそうで、秀作が多い今年は例年以上に狭き門と言えそうだ。

なお、第86回アカデミー賞授賞式は、3月2日(日)にロサンゼルスのドルビー・シアターで開催されることになっているが、まずは16日、クリス・ヘムズワースの発表するノミネート結果が楽しみだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| [c]2013 Bass Films, LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l. in the rest of the World. All Rights Reserved.| [c]2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.| [c]2013 CTMG| [c]2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.| (C) 2013CTMG