• INTERVIEW

水嶋ヒロが語る!「今はこの作品を届けることで頭がいっぱい」

2014年1月15日 15:00

『黒執事』で主演と共同プロデューサーを務めた水嶋ヒロ | 撮影/野口彈

水嶋ヒロが、企画段階から関わり、主演と共同プロデューサー(齋藤智裕名義)を務めた『黒執事』が、1月18日(土)から公開される。原作は枢やなのベストセラーコミックで、水嶋は主人公の怜悧な悪魔の執事セバスチャン役を演じた。『BECK』(10)以来3年ぶりとなる本作では、ハードなアクションをこなすべく、ストイックに体を鍛え上げた水嶋。彼に単独インタビューを敢行し、本作に懸けた思いや、役者としてのスタンスについて話を聞いた。

オリジナルストーリーで展開される映画版の『黒執事』。完璧な執事・セバスチャンと命懸けの契約を交わすのは、男装の令嬢として生きる巨大企業ファントムの若き総帥・幻蜂清玄(汐璃)だ。演じた剛力彩芽は、シンボルである笑顔を封印して、新境地を見せた。水嶋は、初共演した剛力について「とても器用な人」と大絶賛。「本当に器用で、何でもできる。どんな状況にも対応できる人。若いのに、しっかりしすぎているほどしっかりしている。かなわないなと思いました」。

彼は、剛力のどういう点を見てそう感じたのだろうか?「清玄(汐璃)は幼い時、深い心の傷を負った役なんです。だから、現在もその痛みを引きずっていなければいけない。それらが、セリフの端々ににじみ出るほど良いと僕は思っていたんです。現場で、清玄(汐璃)として口を開いた彼女を見て、その痛みがちゃんと感じられたから、すごいなあと。それって、やろうと思ってやれる人はなかなかいないんじゃないかと思いました。だから、彼女自身が実際に、そういう傷を抱えた人なんじゃないかと思い、プライベートについて話をしてみたら、彼女はすごく幸せそうで、とても家族を大事にしている子でした。役者って、自分の経験値が演技に表れたりするし、経験していないものは想像でやるしかないのですが、今回の清玄(汐璃)役はかけ離れている分とても難しいはずなのに、剛力さんは難なくイメージを体現されていたので、器用だと思ったのです」。

逆に、水嶋は自分自身のことを「不器用」だと言い切る。「世の中に出ている僕の情報だけを並べて見ると、器用だと思われるかもしれませんし、もちろん仕事の場では、しっかりしなきゃというスイッチが入ります。でも、実際、どれだけいい加減でどれだけ不器用な男かということを、僕自身はよくわかっているんです。役作りに関しても、普通はそこまでやらないというところまでとことんやりますが、それは自分に自信がないことの表れで、そこまでやらないと、自信をもって現場に立てないんです。時には遠回りをしないと、いろんなことをできない。器用な人なら、そんな面倒なことはしないはず」。

不器用だと思うからこそ、人一倍努力を重ねてきた水嶋。でも、自分のことをそんなふうに冷静に見ているのは、いつ頃からなのか。「僕は小さい時からひとりぼっちだったことが多くて、自分自身と向き合う時間がたくさんありました。子供の頃から暗い性格だったせいか、あまり友達がいなくて。その頃、自分のどこを直さなきゃいけないのか、といったことを考えながら過ごしていて、その積み重ねだと思います。だから、すごく人を観察するのが好きで、今でも物事を俯瞰で見ている感じです」。

役者としての今後のスタンスについても気になるところだ。「引き続き、もし必要とされるのなら、役者業は、選択肢にあります。ただ、僕自身はいろんな経験をするために独立したので、自由な環境を崩したくない。個人的には、こういったバックヤードでの仕事もさせてもらったからこそ、もっと“もの作り”に携わっていきたいという思いが膨らみました。何よりも、今はこの作品を届けることで頭がいっぱいなので、先を考えず、目の前に集中している感じです」。

俳優としてスターダムに駆け上がった後も、その座に甘んじることなく、自分自身の進むべき道を見極め、活動のフィールドを広げていった水嶋ヒロ。その素顔は、とことん生真面目で真摯という印象。これからも、どんなことを仕掛けてくれるのか、楽しみでならない。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

撮影/野口彈| [c]2014 枢やな/スクウェアエニックス [c]2014 映画「黒執事」製作委員会| [c]2014 枢やな/スクウェアエニックス [c]2014 映画「黒執事」製作委員会| [c]2014 枢やな/スクウェアエニックス[c]2014 映画「黒執事」製作委員会