• NEWS

洋画?邦画?2014年の映画始めは何を観る!?

2014年1月01日 0:00

「見て良かったランキング」でも上位をキープしている『ゼロ・グラビティ』は映画ならではの体験をさせてくれる | [c]2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

いよいよ新しい年を迎えた本日。テレビでは朝から年賀ムードたっぷりの特別番組が放送中だが、せっかくのファーストデイ、初詣の帰りなどにぜひ映画館で“映画始め”をしてみてはいかがだろうか?でも、何を見ればいいの?…そんなあなたに編集部オススメの作品を紹介したい。

まず、現在、興収ランキングで洋画No.1となっているアルフォンソ・キュアロン監督による『ゼロ・グラビティ』(上映中)。宇宙空間に放り出された主人公たちと一緒に自分がまるでそこにいるかのような不思議な体験をすることができ、お正月気分に浮かれた頭をすっきりさせてくれるはず。家族連れなら、一匹の恐竜の成長を通して、その生態を描いた『ウォーキング with ダイナソー』(上映中)や、『カーズ』(06)の世界観をモチーフに飛行機たちの愉快な活躍を描いたアニメ映画『プレーンズ』(上映中)などがオススメだ。

一方、邦画ならば、こちらも現時点で興収ランキングでNo.1ヒット中の『永遠の0』(上映中)。戦争体験を子供や孫世代へと伝える“絆”を描いた本作は、田舎のおじいちゃんなどに映画の感想と共に戦争の体験談を聞くことで、互いの親近感もグッと増すはずだ。カップルなら、佐藤健と新鋭・大原櫻子によるせつない恋模様が胸を打つ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(上映中)はいかがだろうか?監督は『タイヨウのうた』(06)でデビュー直後のYUIをブレイクさせた小泉徳宏ということもあり、劇中バンド「CRUDE PLAY」の演奏シーンも見逃せない。

じっくりと映画の世界を堪能したいなら、『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督によるミステリー『鑑定士と顔のない依頼人』(上映中)や、往年の名作を上映する「新・午前十時の映画祭」も開催中だ。それでも決めきれないという人はMovieWalkerの「見て良かったランキング」で他のユーザーの意見を参考にしてみては?ぜひ、2014年も楽しい映画ライフを満喫してほしい。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.| [c]2013「永遠の0」製作委員会| [c]2013 二馬力・GNDHDDTK| [c]2013 Twentieth Century Fox| [c]2013青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会| [c]和月伸宏/集英社 [c]2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会| [c]NBGI/PROJECT iM@S| [c]2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.| ※掲載されている映画/TV番組はすべて Xbox Video にて配信中です。| [C]2013 二馬力・GNDHDDTK| 写真:SPLASH/アフロ