• NEWS

新たな人気シリーズ誕生の予感!異端者“ダイバージェント”となった少女が激しい闘いに挑む

2013年12月26日 13:00

世界を脅かす存在とジャッジされたトリス(シェイリーン・ウッドリー)。政府の抹殺対象となった彼女の運命は?
世界を脅かす存在とジャッジされたトリス(シェイリーン・ウッドリー)。政府の抹殺対象となった彼女の運命は?TM&[c]2013 Summit Entertainmet, LLC.All Rights Reserved.

全米で売り上げ400万部を超える大ヒット小説を映像化したSFアクション『ダイバージェント』(14年公開)。『トワイライト・サーガ』『ハンガー・ゲーム』シリーズに続く人気作品とあって、早くから完成が待ち望まれていた話題作だ。そんな本作から特報映像が解禁に!

舞台は近未来。全人類は、16歳で受ける“選択の儀式”により強制的に5つの共同体(ファクション)に振り分けられ、そこで生涯を過ごすことを義務付けられていた。儀式に臨んだ主人公トリス(シェイリーン・ウッドリー)は、5つのファクションのいずれにも該当しないことが判明。トリスは世界を脅かす存在=ダイバージェントとジャッジされ、壮絶なサバイバルに直面していく…というストーリーだ。

今回公開された特報では、“ダイバージェント”とされたヒロインが、政府から命を狙われていく過程が描かれる。追手の攻撃をかいくぐりながら、自分の運命を乗り越えていくトリスの強い眼差しが印象的だ。無欲を司る“アブネゲーション”、平和を司る“アミティ”、高潔を司る“キャンダー”、博学を司る“エリュアダイト”、勇敢を司る“ドーントレス”という5つのファクションはなにを意味しているのか。また“ダイバージェント”とは何者なのか…などの謎が脳裏をかすめ、波乱めいた物語を予感させる。

突然、運命の分かれ道に立ち、危険分子と判断されたトリスは何を選択し、どのような運命をたどるのか。まずは、この特報をチェックして、その行方について想像を巡らせてほしい。【Movie Walker】


関連映画

関連映画ニュース