• NEWS

ライトノベルの実写映画化は“吉”?映画における原作モノのトレンドを探る

2013年12月28日 10:18

瀬戸康史&北乃きい主演で映画化する『僕は友達が少ない』
瀬戸康史&北乃きい主演で映画化する『僕は友達が少ない』[c]2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会

いまに始まったことではないが、2013年の日本映画を振り返ってみると、興収30億超を記録した『真夏の方程式』(13)や『映画 謎解きはディナーのあとで』(13)、興収20億を突破した『プラチナデータ』(13)、『ストロベリーナイト』(13)といったベストセラー小説の映画化作がコンスタントにヒットを記録した。これら小説やマンガ、ゲームなどの原作モノと映画との相乗効果はいまさら語るほどのことはないが、2014年のラインナップと重ねてみると新たな傾向が見えてきた。

そもそも、映画だけのオリジナル企画が数少なくなってきたのは、日本映画に限らず、ハリウッドにおいても顕著ではある。そんななかで、特にアニメ映画においてはオリジナル作がヒットを記録したのが2013年の傾向だった。『ONE PIECE FILM Z』(12)や、『ドラゴンボールZ 神と神』(13)の原作は、「ONE PIECE」「ドラゴンボール」という言わずと知れた国民的な人気を誇るコミックだが、それぞれを原作者みずからがプロデューサーだったり、脚本に携わるなど、オリジナルストーリーを作り上げ、誰も見たことのない新鮮味のあるストーリーを提供し、また、そのクオリティの高さが原作ファンからも熱い支持を受けた。

また、国民的コンテンツである「ドラえもん」や「ポケモン」「名探偵コナン」といった人気シリーズの劇場版や、スタジオジブリの『風立ちぬ』(13)、オリジナル作品の『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』(13)などなど…アニメ作品が軒並みヒットチャートの上位を占めており、その多様化は目を見張るものがある。では2014年はどうだろう?

あの「ドラえもん」シリーズ初の3DCG作品『STAND BY ME ドラえもん』(夏公開)の新展開も話題ではあるが、ここで注目したいのはライトノベルの映画化。『涼宮ハルヒの消失』(10)、『劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟』(13)などのようにアニメ化された人気タイトルは数知れないが、14年は実写映画化が相次いでいるのだ。

これまでにも『半分の月がのぼる空』(09)や『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(10)、『私の優しくない先輩』(10)など実写映画化作品がなかったわけではないが、公開規模はそれほど大きくなく、話題にのぼることは少なかった。だが、2014年はテレビアニメにもなった平坂読の同名作を瀬戸康史&北乃きい主演で映画化する『僕は友達が少ない』(14年2月1日公開)や、桜坂洋のライトノベルをトム・クルーズ主演でハリウッドで映画化する『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14年7月公開)が待機中で、大手配給や映画スタジオがライトノベルという新たな分野にも手を広げてきたことがわかる。

ライトノベルは、アニメ絵の表紙や挿絵を多く使用する日本ならではの小説のスタイルであり、ローティーンから絶大な支持を受けているだけに、新たな層の掘り起こしにもつながるだろう。ただし、誰もが納得するような的確なキャスティングだったり、原作の世界観を忠実に生かしているかどうかが強く問われることは間違いない。来年以降、ライトノベルの実写映画化のヒット動向に注目してみてはいかがだろうか。【トライワークス】

関連映画

関連映画ニュース