• TOP
  • ニュース
  • 『プレーンズ』で瑛太と登壇した井上芳雄「歌は別料金です」
  • NEWS

『プレーンズ』で瑛太と登壇した井上芳雄「歌は別料金です」

2013年12月21日 11:49

『プレーンズ』をアピールした瑛太と井上芳雄
『プレーンズ』をアピールした瑛太と井上芳雄

ディズニー映画最新作『プレーンズ』の初日舞台挨拶が、12月21日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、日本語吹替版の声優を務めた瑛太と井上芳雄が登壇。主人公ダスティ役で声優に初挑戦した瑛太は「本当に素晴らしい映画なので、全国のみなさんに楽しんでいただきたいなということと、お子さんが大人を元気にしてほしいなと思っています」と本作をアピールした。

『プレーンズ』は、世界一周レースで優勝することを夢見る高所恐怖症の農薬散布機・ダスティの奮闘記。ダスティ役の瑛太は「オリジナル版は落ち着いた感じだけど、日本版はかわいい感じのダスティを作りたいと言われて。最初は低い声でテンションも低かったみたいで、キーを上げてと言われました」と苦笑い。

ミュージカル界のプリンス、井上も、メキシコの陽気な飛行機エル・チュパカブラ役で声優に初挑戦した。井上は「監督さんからもっと太い声でと言われました。何をしていても愛らしく聞こえるようにと、意識してしゃべりました」とのこと。また、劇中の歌を披露するようMCに振られたが「歌は別料金です」と照れながら拒否。瑛太は「Yahoo!のキャッチコピーできましたね。“歌は別料金”」と突っ込み、会場は大爆笑となった。

また、日本公開版にしか登場しないヒロインの飛行機・サクラ役の声優が仲里依紗だということが発表された。仲は、10月4日に中尾明慶との間に第1子となる男児を出産したばかりで登壇は叶わなかったが、本作へのメッセージを寄せた。「『プレーンズ』を観て、主人公ダスティが、夢を諦めず頑張るところに、心を打たれました。個性豊かで可愛らしいキャラクターたちも見どころのひとつです。なかでもサクラのエル・チューとの恋愛や日本代表としての活躍に注目して欲しいです。小さなお子さんから大人まで、心温まる映画になっているので、是非ご家族で見てほしいです」。

クリスマス目前ということで、会場で抽選して当たった観客10名に『プレーンズ』クリスマスグッズのプレゼントも。最後に、トナカイのツノやサンタ帽を被った観客をバックにフォトセッションが行われた。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース