• TOP
  • ニュース
  • 東宝、東映、松竹の“顔”は誰?あの女優も初登場した各社カレンダーの“若手枠”で2013年を振り返る
  • NEWS

東宝、東映、松竹の“顔”は誰?あの女優も初登場した各社カレンダーの“若手枠”で2013年を振り返る

2013年12月15日 11:00

1年を彩る各社の豪華カレンダーから2013年を総括!
1年を彩る各社の豪華カレンダーから2013年を総括![c] 2013 Toho Co.,Ltd

邦画の製作・配給を手掛ける東宝、東映、松竹の3社が販売しているカレンダー。それぞれが独自のテイストを打ち出しながらスターたちを撮り下ろした豪華な仕様で、毎年映画ファンを楽しませている。起用されているのは、各社の“顔”といえるキャストだけでなく、その年を象徴する新たな才能や、活躍が期待される新人まで幅広い役者たち。毎年注目が集まるカレンダーの“若手枠”に注目しながら、2014年版のカレンダーを見てみよう。

まずは長澤まさみが10年連続で表紙を飾った東宝の「2014年 東宝カレンダー」。今回、初登場となったのは『監禁探偵』(13)、『タイガーマスク』(13)に出演し、多数のCMにも出演している夏菜だ。NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」でヒロインを演じて一躍ブレイクした彼女は、現在公開中の『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』で声の出演にも挑戦するなど、今後も活躍の場を広げていくだろう。昨年東宝のカレンダーに初登場し、今年も『劇場版SPEC~結~爻ノ篇』(公開中)と『劇場版SPEC~結~漸ノ篇』(公開中)で注目を集めている戸田恵梨香、『かぐや姫の物語』(公開中)で姫の声を担当した朝倉あきなど、自然光で撮影された女優たちの姿を楽しむことができる。

東映の「2014東映スターカレンダー」では、北大路欣也や渡瀬恒彦ら不動の東映スターと並び、4人の若手が初登場。“極妻”シリーズ最新作『極道の妻(つま)たち Neo』(13)に出演した原田夏希、多数のCM出演や映画主演、連ドラ主演など今年大活躍の川口春奈、衝撃作『HK 変態仮面』(13)でヒロインを演じた清水富美加らフレッシュな顔ぶれがそろった。また、「仮面ライダーウィザード」で主人公を演じ、シリーズ最新作『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』(公開中)への期待が高まる白石隼也もカジュアルな衣装で初登場している。

そして、女優たちが艶やかな和服で登場する松竹の「松竹カレンダー2014」。アトラクション感覚での上映“スマ4D”が話題となった『貞子3D2』(13)に主演し、宮崎駿監督の引退作『風立ちぬ』(公開中)でヒロイン役に抜擢された瀧本美織ら、若手女優が初々しい和装を披露している。『すべては君に逢えたから』(公開中)など話題作に出演し、『小さいおうち』(14年1月25日公開)の公開も控える木村文乃、今年は『中学生円山』(13)などで多彩な表情を披露し、主演作『スイートプールサイド』(14年公開)の続報も待たれる刈谷友衣子らが毎月のページを彩った。また、今年は新開場となった歌舞伎座及び歌舞伎座タワーの各所で撮影が行われている。

映画やドラマで活躍するスターたちが一堂に集まる各社のカレンダー。通常のカレンダーとしての機能に加えて、今年を総括する意味でも、来年の日本映画界を占う意味でも資料的価値を帯びている。2014年のカレンダー選びに困っている方は、ぜひ手に取ってみてほしい。【トライワークス】

関連映画ニュース