• NEWS

映画『進撃の巨人』が再始動!新監督は樋口真嗣

2013年12月04日 5:00

中島哲也に代わる新監督に樋口真嗣

2011年12月8日の映画製作発表から約2年、制作が一旦白紙となった「進撃の巨人」の実写映画化。しかし、企画自体は進められており、新プロジェクトとしてついに製作が始動することが決まった。

監督には『のぼうの城』(11)の樋口真嗣。樋口監督は、平成『ガメラ』3部作(特技監督を担当)や「巨神兵東京に現る」などの特撮技術、また、『ローレライ』(05)や『日本沈没』(06)などで見せた壮大な演出に定評がある。

脚本は、連続ドラマ「ブラッディ・マンデイ」や映画『GANTS』2部作などを執筆した渡辺雄介と、原作者・諫山創とも親交の深い映画評論家・町山智浩がタッグを組む。また、映画版『進撃の巨人』の脚本や登場するキャラクターたちにも諫山のアイデアが盛り込まれているという。

特撮、VFXのみならず、日本映画の最高峰のスタッフが結集し、プリプロダクションが開始された本作。累計2500万部を突破した原作漫画と高い人気を誇るアニメ。それぞれのファンをうならせるようなクオリティに期待したい!【Movie Walker】

関連映画ニュース