• TOP
  • ニュース
  • 戸田恵梨香、『SPEC』完結に「ここまで来れたのもファンのみなさんのおかげです」
  • NEWS

戸田恵梨香、『SPEC』完結に「ここまで来れたのもファンのみなさんのおかげです」

2013年11月29日 09:48

『SPEC』シリーズの完結に感無量の戸田恵梨香と加瀬亮
『SPEC』シリーズの完結に感無量の戸田恵梨香と加瀬亮

戸田恵梨香×加瀬亮主演「SPEC」シリーズの完結編の後編『劇場版SPEC 結(クローズ) 爻(コウ)ノ篇』の初日舞台挨拶が、11月28日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。戸田、加瀬、有村架純、神木隆之介、福田沙紀、安田顕、真野恵里菜、岡田浩暉、竜雷太、堤幸彦監督が登壇。戸田は「髪の毛バッサリ切りました」とイメージチェンジし、心機一転の笑顔を見せた。舞台挨拶は全国88か所の劇場で生中継され、終了後の29日0時になってから、上映がスタートした。

シリーズを振り返って想い出深いエピソードをそれぞれが披露。戸田は「ニノマエが出てくる度に大変でした。時間を止められるので」と、演じた神木隆之介をチクリ。神木は「僕もすごく謝りたくて」と苦笑い。戸田は「この3年間はいかに楽な姿勢でストップするかとやっていました」と言うと、加瀬も「毎回辛かった。俺もどういうふうに楽に止まるかを考えていたけど、ほとんどが空中だった」と話した。

シリーズをずっと手掛けてきた堤監督は、本作にしっかりと手応えを感じた様子。「『結の爻』は、いままでのシリーズで、一番難しいかもしれません。ただ、この難しさは作っていて、ものすごく高いレベルの快感なんです。それゆえ苦労してやった結果、シリーズでも見たことのない作品に登り詰めたと思っております」。

警視庁公安部の特殊捜査官の当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)が、予知能力や念動力などの“SPEC”と呼ばれる特殊能力を持つ犯罪者に立ち向かう「SPEC」シリーズ。本作がいよいよ完結編となる。最後に戸田は「3年間支えてくださって本当にありがとうございました。ここまで来れたのもファンのみなさんのおかげです。撮影が終わった時、なんとも言えない気持ちになりましたが、いまは晴れやかな気持ちです」と、笑顔で締めくくった。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース