• TOP
  • ニュース
  • ジャスティン・ビーバーが、『バットマンVSスーパーマン』でロビン役に!?
  • GOSSIP

ジャスティン・ビーバーが、『バットマンVSスーパーマン』でロビン役に!?

2013年9月17日 09:37

自身の名前の入った『バットマンVSスーパーマン(仮題)』の脚本らしき画像をアップしたジャスティン・ビーバー
自身の名前の入った『バットマンVSスーパーマン(仮題)』の脚本らしき画像をアップしたジャスティン・ビーバー写真:SPLASH/アフロ

現在大ヒット公開中の『マン・オブ・スティール』の続編となる『バットマンVSスーパーマン(仮題)』(全米2015年7月17日公開予定)で、ジャスティン・ビーバーが、ロビン役を演じるのではないかという噂がまことしやかに流れている。

同作は、ヘンリー・カビル扮するスーパーマンに対し、ベン・アフレックがバットマンに抜擢されたことが大きな物議を醸していた、このほどジャスティンがインスタグラムで、表紙にバットマンのマークとワーナー・ブラザースの名前や、仮題の「Superman Vs. Batman」と書かれ、横書きで大きくBeiber(ビーバー)と印刷された脚本のようなものをポスティング。ハッシュタグが「#robin??」となっているため、「ジャスティンが、ロビンを演じる可能性を自ら示唆したのではないか」と、デイリー・メール紙などが報じている。

バットマンの大ファンで知られるジャスティンは、19歳の誕生日に父親から“Bat bike”という名のカスタムメイドのバイクをプレゼントされており、大好きなバットマン映画で、映画スターとしての一歩を踏み出すかもしれない。

ちなみに、一部ファンからの非難が続く一方で、リーアム・ニーソンやジェームズ・フランコなどの同業者からは相変わらず力強いエールを送られているベンだが、ワーナーの最高責任者は、「今度の作品では、疲弊したバットマンになる。ベンは素晴らしいバットマンを演じてくれるはずだ」と全面的にベンをサポートする意思を語ったとDeadline.comが報じており、ベンは、既に1日2時間のウェイトトレーニングに取り掛かっているようだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画

関連映画ニュース