• TOP
  • ニュース
  • ハリウッド女優にヌード復活の兆し!オリヴィア・ワイルドがボランティアでヌードに
  • GOSSIP

ハリウッド女優にヌード復活の兆し!オリヴィア・ワイルドがボランティアでヌードに

2013年9月8日 11:28

『トロン:レガシー』(10)、『カウボーイ&エイリアン』(11)などのオリヴィア・ワイルドが自ら進んでヌードに。今後はハリウッド女優のヌードが増えるのか?
『トロン:レガシー』(10)、『カウボーイ&エイリアン』(11)などのオリヴィア・ワイルドが自ら進んでヌードに。今後はハリウッド女優のヌードが増えるのか?写真:SPLASH/アフロ

リアーナにレディー・ガガ、マイリー・サイラスといったシンガーや、ミランダ・カーやレオナルド・ディカプリオの恋人トニ・ガーンといったモデルなどの脱ぎっぷりはますますエスカレートしているが、アンチ・ヌードのムードが漂っていたハリウッド女優にも、ヌードの復活の兆しが見えている。

ここ数年は、女優ではキーラ・ナイトレイ、アン・ハサウェイなど一部の脱ぎっぷりの良い女優以外はアンチ・ヌードを唱え、「どうしても、脚本上で脱ぐことが必要な場合に限って裸になる」と言いながら、ボディダブルを使ったり、撮影が終わった後に修正を依頼するなど、隠す傾向が見られた。脱ぐ時はアカデミー賞を狙うときだけ、とでも言わんばかりで、本当に限られたケースだけ肌を露出し、それがハリウッド女優の品位を威厳を保つといった風潮が続いていた。

しかし最近、特に若い女優たちの間では、役作りで裸になることをいとわない傾向が見られ、「ルーニー・マーラ、アマンダ・サイフリッドやミア・ワシコウスカなどがヌードになり、『ヌードになって解放された』と語るなど、映画の中で裸やセクシー下着姿が復活している傾向にある」と、ナショナル・エンクワイラー紙が伝えている。

最近では、オリヴィア・ワイルドが新作『Drinking Buddies』(13)で、「湖のほとりで酔っぱらってたき火をしている場面で、水に飛び込んでいくシーンを撮影したんだけど、このシチュエーションだったら、やっぱり素っ裸で飛び込んで泳ぐでしょ、と思ったの。だから台本にも書かれてなかったんだけど、自分から裸になって湖の方に走って行ったの。そうしたら共演者のジェイク・ジェイソンも裸になって私の後を走ってきたから、監督も驚いていたわ。脱がなかったら観客がリアリティを感じられないと思ったから、脱いだのよ」と自ら裸になったことを明らかにしており、ヌードに抵抗がなくなる傾向にあるようだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース