• GOSSIP

ショーン・コネリー、認知症報道も広報は否定

2013年8月28日 7:00

認知症の疑いがあると一部で報道された元祖ジェームズ・ボンド、ショーン・コネリー | 写真:SPLASH/アフロ

初代ジェームズ・ボンドことショーン・コネリー(83歳)が認知症にかかっている疑いがあることをドイツのタブロイド紙ビルドが伝えた。

ヨーロッパで最も売れている新聞として知られている同紙は、ショーン・コネリーの親しい友人であるマイケル・ケインが「真剣に彼のことを心配している。もはや、彼は自分の感覚を制御できなくなっている」と語ったとし、周囲の人間には、コネリーが記憶を失いつつあるのは明らかで、「コネリーは自分の人生を忘れてしまった」と書いている。また、同紙は、「コネリーの妻は、彼がマンハッタンの街に出て行く度に、電話がかかってくると何か悪い報せではないかとビクビクしている」と続け、コネリーは1人で家に帰って来れないことがあるとほのめかしている。

コネリーは2010年に俳優を引退しており、2年前にも、マイケル・ケインが「彼は映画界にカムバックする気はない」とメディアに語っていた。この報道を受け、コネリーや007のファンたちがネットで騒ぎ始めたため、コネリーのスポークスパーソンが認知症説をきっぱりと否定している。

「あの記事は、ショーンがスペインに住んでいると書いていましたが、皆さんご存知のように、彼はスペイン在住ではありません。本当にバカバカしく、ナンセンスな記事です。あの馬鹿げた記事を、信じないでいただきたい」とコネリーの広報は語った。彼の出身地であるスコットランドの新聞スコッツマンが報じている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース