• GOSSIP

マドンナの手は年相応!?手の美容外科治療が急上昇!

2013年8月25日 8:00

運動、食事療法、美容外科手術で若さを保っていたマドンナ。手だけはごまかせなかった? | 写真:SPLASH/アフロ

世の女性たちの若さと美への執着によって、今や顔の美容外科手術は当たり前の時代になったが、今女性たちの視線は、手に注がれているらしい。

先日55歳の誕生日を、マリー・アントワネットなどフランスの御后のコスチュームで祝ったマドンナは、若い恋人に、運動、食事療法、そして美容外科手術によって、55歳とは思えない若さを保っている。しかし、手だけは嘘をつけないようだ。

ここ数年マドンナは手袋(指先は出している)をしていることが多いが、血管が浮き出た手だけはもろに年齢を物語っており、悪い例として“マドンナのミット”と言われているとか。それを避けるために、最近、手を若返らせる美容整形人気が急上昇しているという。

デイリー・メール紙にトランスフォーム・クリニックの広報が語った話では、「手は、太陽や家事仕事など、顔以上に厳しい環境にさらされており、顔以上にダメージも大きいのですが、なかなかケアに至りませんでした。しかし、最近、レーザー治療などを含め、手のアンチエイジング治療をした人が18%も増えており、手のケアにも注目が集まっている」という。

お金ならいくらでもかけられるマドンナが、手のお手入れをしていなかったのは、何故なのか。手袋はただの飾りだったのかもしれないが、この指摘を受けて、マドンナの手から、いつのまにか浮き出た静脈が消えているかもしれない。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ