• GOSSIP

フォーブス誌が選ぶ、2013年最も稼いだハリウッド俳優トップ10発表!

2013年7月18日 6:00

見事1位に輝いたロバート・ダウニー・Jr | 写真:SPLASH/アフロ

米経済誌フォーブスが恒例で、ハリウッドで最も稼いだ俳優を発表!

今年は、『アイアンマン3』(13)も大ヒットとなったロバート・ダウニー・Jrが、7500万ドル(約75億円)を稼ぎ、見事1位の座を手に入れた。ロバートは、同誌が選んだ2012年度最も興行収入を稼げるハリウッドスターの1位に選ばれているが、実際にここ数年でロバートが出演した6本すべての作品が、世界中でそれぞれ5億ドル(約500億円)を超えるヒットを飛ばしている。ロバートの収入は、実力に見合ったものと言えそうで、同誌も、「ロバートは、『アベンジャーズ』シリーズにとって、唯一無二の存在だ」と太鼓判を押している。

同リストは、2012年6月から2013年の6月までの1年間の収入を同誌が独自に調査したもの。ちなみに昨年の1位は、人気シリーズ『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』(11)が世界中で7億ドルを超える大ヒットを記録した、トム・クルーズの7500万ドルだった。

2位は、ピープル誌が選んだ最も美しい男性のチャニング・テイタムの6000万ドルで、スティーブン・ソダーバーグ監督作『マジック・マイク』(8月3日公開)のヒットなどが大きく貢献した。また3位は、大ヒット作にしてアカデミー賞各賞にノミネートされた『レ・ミゼラブル』(12)でジャン・バルジャンに扮し、自らも同主演男優賞にノミネートされたヒュー・ジャックマンの5500万ドル、4位は『テッド』(12)が予想外の大ヒットとなったマーク・ウォールバーグの5200万ドル、5位は『G.I.ジョー バック2リベンジ』(13)と大ヒット公開中の『ワイルド・スピード EURO MISSION』に出演しているドウェイン・ジョンソンの5200万ドルだった。

6位は『ジャンゴ 繋がれざる者』(12)や公開中の『華麗なるギャツビー』が大ヒットとなったレオナルド・ディカプリオの3900万ドル、7位はアニメ『モンスター・ホテル』(12)で稼いだアダム・サンドラーの3700万ドル、8位は『アウトロー』(12)のトム・クルーズの3500万ドルで、惜しくも昨年の首位からは転落したが、ベスト10圏内などありえなかった苦難の時代を乗り越え、見事な復活を果たしている。

9位は『フライト』(12)でアカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた58歳のデンゼル・ワシントンの3300万ドル、10位は61歳となったいまもアクション・スターとして活躍している『96時間 リベンジ』(12)のリーアム・ニーソンの3200万ドルだった。【NY在住/JUNKO】

関連映画

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| (C)2013 Twentieth Century Fox.| [c]2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved| [c]2012 The Estate of Redmond Barry LLC. All right reserved.| [c]Universal Pictures/Tippett Studio| [c]2013 MVLFFLLC. TM & [c]2013 Marvel. All Rights Reserved.| [c]GLOBE PHOTOS/AFLO