• NEWS

井上真央が地味女、綾野剛は薄っぺらい男に!?湊かなえの映画化最新作が決定

2013年7月15日 10:00

『白ゆき姫殺人事件』で地味女&薄っぺらい男という役どころに挑戦する井上真央と綾野剛
『白ゆき姫殺人事件』で地味女&薄っぺらい男という役どころに挑戦する井上真央と綾野剛

松たか子主演で大ヒットを記録した衝撃作『告白』(10)以来、映画『北のカナリアたち』(12)やドラマ「贖罪」「夜行観覧車」など作品の映像化が続く作家・湊かなえ。次々と話題作を発表する彼女の昨夏に刊行された長編「白ゆき姫殺人事件」が、井上真央&綾野剛主演で映画化することが決定した。

「白ゆき姫殺人事件」は、「小説すばる」での掲載と平行してWEBで関連資料がアップされるという新たな試みも話題となり、出版前から映画化のオファーが殺到していたサスペンス。化粧品会社の美人社員が何者かに惨殺され、一人の女に疑惑の目が集まり、彼女に関する噂や報道が過熱していく…というストーリーだ。『アヒルと鴨のコインロッカー』(07)、『ゴールデンスランバー』(10)、『奇跡のリンゴ』(公開中)などのヒットメーカー、中村義洋監督がメガホンをとり、重層的な物語を描き出す。

何より注目なのは、“地味でつまらない女”役に井上真央、“薄っぺらい男”役に綾野剛という意外なキャスティング。疑惑を集めるヒロイン・城野美姫を演じる井上は、今回の抜擢について「この役は井上さんしかいないと言われたとき、複雑な気持ちと、なんだか不思議な喜び、そして根拠のない自信が沸いてきました。これまで味わったことのない恐怖を体感しながら、つまらない女を存分に楽しみたいです」と心情を明かしている。

そして、『シャニダールの花』(7月20日公開)、『ガッチャマン』(8月24日公開)、『夏の終り』(8月31日公開)などが控え、いま引っ張りだこな人気俳優の綾野剛。ヒロインの関係者に取材を行うワイドショーのディレクター役に扮する彼は、「浅く浅はかな赤星雄治を、中村組スタッフ・キャストと共に深く共犯させて頂きます」とコメント。そんな2人に対し中村監督は、「普段断りそうな役を引き受けてくれた井上真央さん、綾野剛くんに感謝、感謝です」と語っている。

原作者の湊かなえも今回の映画化に「噂が噂を呼び、とんでもない結末に。怖いけど面白い、そんな物語を、ぜひお楽しみください。ツイッターで何もつぶやけなくなるかも…」と意味深なコメントを寄せており、仕上がりが非常に楽しみだ。映画『白ゆき姫殺人事件』は2014年春、全国ロードショー。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース