• GOSSIP

スピルバーグとルーカスが映画業界の崩壊を予言!

2013年6月16日 10:00

スピルバーグとルーカスでさえ、作品を公開してくれる映画館がないんだ! | 写真:SPLASH/アフロ

映画界の二大巨匠スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが、サザンカリフォルニア大学に新設されたメディアセンターのオープニングでスピーチを行い、ハリウッドの崩壊を予言する発言を行った。

英紙ガーディアンによれば、スピルバーグは「業界はブロックバスター映画に頼り過ぎている。2億5000万ドルもの予算を注ぎ込んだ映画が何本か興行的に大失敗すれば、それだけで業界のシステムは崩壊するだろう」と指摘し、「今後、映画のチケットの値段は二極化する。『アイアンマン』シリーズの次回作のチケットは25ドルになり、『リンカーン』のような映画のチケットは恐らく7ドル程度になる」と語ったという。また、ブロックバスター映画以外の作品を劇場公開するのは、ここ5年程で至難の業になっているそうで、第85回アカデミー賞で最多ノミネートを獲得した『リンカーン』でさえ、ドラマとしてテレビ放映される寸前だったという。

ルーカスも自らがプロデュースした作品『Red Tails』(12)を劇場公開することに苦労した例を挙げ、「スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスでさえ、作品を公開してくれる映画館がないんだ!」と語り、「将来的には、『リンカーン』のような作品は映画館ではなく、テレビで見るものになるだろう」と予言した。

また、ルーカスは映画館の劇場化が進むと予測しており、映画館ではロングラン(最長一年まで)上映の少数の作品が上映され、チケットの値段もブロードウェイのミュージカルばりに高騰するだろうという。「ブロックバスター映画が巨大な劇場で公開され、映画は高価な娯楽になる。低予算の作品は全てテレビ公開になる」とルーカスは話している。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| [c]2013 Twentieth Century Fox Home EntertainmentLLC. All Rights Reserved.| [c]2012 TWENTIETH CENTURY FOX| [c]2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved| [c]Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.| [c]GLOBE PHOTOS/AFLO