• GOSSIP

レオナルド・ディカプリオが傷心のロバート・パティンソンをサポート!

2013年6月10日 12:04

ちょっとワイルドに遊んで見なきゃ駄目だ | 写真:SPLASH/アフロ

クリステン・スチュワートとの3年越しの交際にピリオドを打ち、傷心のロバート・パティンソンをレオナルド・ディカプリオが支えているという。

ロバートは、クリステンとの完全破局以来、塞ぎ込んでいると伝えられており、一年間は女性と交際しないと発言しているらしいが、レオはそんなロバートを励ましているらしい。

「ロブはロサンゼルスをうろつき、友人の家を泊まり歩いている。レオはロブに電話をかけ、ヒゲを剃り、まともな服を着ろと言った。そして、今年の夏はマイアミに来て、レオの近くに家を借りるように言った。ロブに、『一人の女性と落ち着くには若過ぎる。ちょっとワイルドに遊んで見なきゃ駄目だ』と話したようだ」と関係者が英紙ザ・サンに語っている。

ロブは、プレイボーイのレオとは正反対のタイプだが、クリステンの思い出があふれたロサンゼルスを離れ、マイアミに行くという考えには魅力を感じているという。「ロブは、一人の女性と長く交際するタイプで、派手に遊ぶ男ではない。だが、レオは正しい。彼は、クリステンの思い出や、共通の友人だらけのロサンゼルスでは落ち込むばかりだ。彼はマイアミに行く気になっている。レオは現在、ヨーロッパにいるが、週末には米国に戻る。自分が知っているモデルをロブに紹介するつもりのようだ」と関係者は話している。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ| [c]GLOBE PHOTOS/AFLO