• GOSSIP

世界で最もファッショナブルな女性は2年連続であの女優!

2013年5月03日 12:00

「バレンシアガでもズハール・ムラドのドレスを着ても彼女らしい」と評価された | 写真:SPLASH/アフロ

5月6日(月)発売の英グラマー誌6月号で、恒例の“世界で最もファッショナブルな女性50人”を発表!キャサリン妃やエマ・ワトソンを抜いて、栄えあるベストドレッサー賞に選ばれたのは、2年連続でクリステン・スチュワートだった。

2012年にヴォーグ誌のインタビューで、「格好良く見せるためにハイヒールを履くのは好きじゃない」と語り、普段着はTシャツ、レッドカーペットでもフラットシューズやコンバースのスニーカーを履くこともあるクリステンは、イギリスの男性向けサイトMenkind.co.ukが行ったアンケート調査の結果では、最もセクシーではないハリウッド女優の汚名を着せられたが、同誌からは「バレンシアガでもズハール・ムラドのドレスを着ても彼女らしい」との評価を得たようだ。

2位に選ばれたのは、「皆は、私がミニスカートを履いている姿を見たいようだけど、ミニスカートがセクシーだと思わないから絶対に履かないわ」と、独自のポリシーを貫いているエマ・ワトソンで、こちらも2年連続2位となった。

3位は7月に出産予定のキャサリン妃、4位は『アメイジング・スパイダーマン』(12)のエマ・ストーン、5位はテイラー・スウィフト、6位はビクトリア・ベッカム、7位はシェリル・コール、8位はブレイク・ライヴリー、9位はケイティ・ペリー、10位はビヨンセの順になっている。

2012年は3位がビクトリア・ベッカム、4位がキャサリン妃、5位フローレンス&ザ・マシーンのフローレンス・ウェルチ、6位はミシェル・ウィリアムズ、7位はブレイク・ライヴリー、8位はシェリル・コール、9位はオリヴィア・パレルモ、10位はリアーナという結果だった。毎年ランク入りする常連がいる一方で、2013年は新たにエマ・ストーン、テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、ビヨンセがトップ10入りを果たしている。【NY在住/JUNKO】


関連映画ニュース