• GOSSIP

アマンダ・サイフリッド「Dカップの胸が恋しい」

2013年4月17日 15:30

19歳の頃はDカップだったのよ | 写真:SPLASH/アフロ

アマンダ・サイフリッドは、今より豊かだった頃の自分の胸が恋しくなるそうで、10代の頃に自分の大きな胸を嫌っていたことが信じられないという。

「何日か前に19歳の頃の写真を見ていたの。私の胸は、今よりずっと大きかった。Dカップだったのよ。今は小さめのC。やせたからなの。大きなサイズの胸は、とても綺麗だったわ。今、振り返れば、どうしてあんなに自分の胸を嫌がっていたのかしら?私以外は誰も気になんてしていないのに」とAllure誌に語っている。

しかし、アマンダは、今でも自分の胸は邪魔になるほどのサイズを維持していると主張しており、「かなり邪魔になるわ。だから、走る時にはタイトなスポーツブラを着けているわ。そうじゃないと顎に当たるから」と語っている。

また、アマンダは同誌のインタビューで、『ミーン・ガールズ』(04)で共演したリンジー・ローハンについて率直なコメントを聞かせており、「彼女は素晴らしい女優よ。素晴らしい女優だった、と言うべきかしら。わからないわ。彼女の目は本当に輝いていたのよ」と語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ