• GOSSIP

ツアー復帰は早くても9月以降!レディー・ガガの慰めは曲作り

2013年4月15日 11:33

今は曲を作ることが慰めであり、精神状態を保つ一番の手段 | 写真:SPLASH/アフロ

2月20日に受けた股関節の手術が成功し、3月末には広報が順調な回復を宣言していたレディー・ガガだが、本格復帰は早くても9月以降になりそうだ。

手術を受けるため、北米ツアーのキャンセルを余儀なくされたガガは、術後は落ち込んで創作意欲などがわかないなどと言われており、精神状態が懸念されていた。その後は金やヴィトンの車椅子に乗る姿が、さらに4月初めにはヒールを履いてニューヨークの街を歩く姿が目撃されており、順調な復活ぶりをアピールしている。

大手術ではあったが、「ガガは元どおりに踊れるようになります。復活は目前です」という広報の発表で、数ヶ月後には奇跡の復活を果たすのではないかと期待されいた。

しかし、関係者がライフ&スタイル誌に語った話では、「ガガは現在、恋人のテイラー・キニーに支えられてリハビリに励んでいる段階で、やっと歩き始めたというのが現状です。やりたいことは山ほどあるのにドクターストップがかかっているので、本格的な復帰は早くても9月以降になるでしょう」。

「とてもフラストレーションがたまっているようですが、今は曲を作ることがガガにとっての慰めであり、精神状態を保つ一番の手段」になっているいう。

北米ツアーをキャンセルしたチケット代の返却料金は2500万ドルとも言われているが、「ガガは完璧主義なので、完全に元どおりのパフォーマンスができないうちは、ツアー復帰はしないでしょう。9月というのはあくまでも最短の目安ですが、本当にこれまでのような過激なパフォーマンスができるのかどうか、蓋を開けてみないとわかりません。また、それだけの長い間、ガガが精神状態をキープすることができるのかも、とても難しい問題でしょう」と、地元AMPM紙では完全復活を疑問視する声もある。とにかく、一日も早い復活を祈るばかりだ。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース

写真:SPLASH/アフロ