• NEWS

稲垣吾郎が高校時代の広末涼子からもらったサイン色紙のネタを告白

2013年4月06日 14:31

舞台挨拶で稲垣吾郎について語った広末涼子

広末涼子と稲垣吾郎共演の『桜、ふたたびの加奈子』の初日舞台挨拶が、4月6日に新宿ピカデリーで開催。広末、稲垣、福田麻由子、高田翔(ジャニーズJr.)、栗村実監督らが登壇。広末は共演した稲垣について印象が変わったそうだ。「稲垣さんて、王子的なインテリでクールなイメージでしたが、田舎のお父さん役で、温かいイメージに変わりました」。稲垣はそのコメントに苦笑いした。

本作の題材にちなんで、生まれ変わったら何になりたいか?と問われたゲスト陣。トップバッターの高田翔は「自分が大好きなので、生まれ変わってもジャニーズに入って高田翔として生きたいです」と語ると、先輩の稲垣は「頼もしいです。ある程度のナルシスティックな感情がないとね」と激励。

稲垣も「僕も自分が良いです。でも、あの時、こうしておけば良かったと思うことが多々ありますが」と言い、高校時代の広末と初共演した時のエピソードを披露。「友達がすごく広末さんのファンで、サインを頼んだんです。そしたら、宛名に『稲垣吾郎さんへ』ってあって」。広末は「覚えてないです」と照れながら言うと、稲垣は「今でも部屋に大切に置いてあります(笑)。そういうことを修正するためにも、自分として生まれ変わりたい」と笑顔で語った。

広末は「生まれ変わったら魚が良いです。水の中が好きなのと、おしゃべりしなくて済むから。私はしゃべりすぎて後悔したりと、反省することが多いので」とおちゃめに微笑む。また、福田は「生まれ変わったら、運動神経が良い自分になりたい」と願望を口にした。

最後に、戸田みのり、横溝菜帆、吉満蒼という劇中で共演した3人の子役がサプライズで登場。広末扮する容子の子供・加奈子役の戸田が、広末と稲垣の似顔絵をプレゼントした。広末と稲垣は、大いに感激し、共にフォトセッションを行った。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2013「桜、ふたたびの加奈子」製作委員会| [c]2014「バイロケーション」製作委員会