• NEWS

中島美嘉、声優初挑戦「お母さんになるかもしれない役にショック」

2013年4月04日 18:50

笑福亭鶴瓶、芦田愛菜と声の共演をする中島美嘉

『怪盗グルーの月泥棒』(10)の続編、『怪盗グルーのミニオン危機一発』(9月公開)の吹替えキャスト発表会見が、4月4日にザ・ペニンシュラ東京で開催。3年ぶりに再タッグを組んだ怪盗グルー役の笑福亭鶴瓶と、アグネス役の芦田愛菜、そして新キャラクター・ルーシー役の中島美嘉が登壇。中島はグルーと恋に落ちる役どころということで「おかあさん役になるかもしれないような年になったことがショックです。もう30なので」と苦笑いしながら、初のアフレコへの意気込みを語った。

最初に登壇した鶴瓶は、前作のLAでのワールドプレミアの時を振り返り「ロスでイエローカーペットを歩いたあの日、愛菜ちゃんがちょうど(6歳の)誕生日で。子供の3年って早いな」と、感慨深い表情で言うと、芦田も「鶴瓶さんが大きなケーキを用意してサプライズでお祝いしてくれました。ケーキを指で食べたんです」と思い出を語った。

その後、新キャストの中島美嘉が登場。タイトルにちなみ、最近起こった“危機一髪”のエピソードを3人が語った。鶴瓶は「4月1日に、ある人が捕まったと連絡を受けて。うわーってビックリしたんです」と言う。その人とは、中村勘三郎のことだが、鶴瓶はその後、騙されたことへの報復に出たそうだ。「スケルトンのTシャツに着替え、その人の家の前で踊ったんです。そしたら近所の人に通報されそうになって」とのこと。また、中島は「新幹線に乗った時、携帯を駅に置いてきて。戻ったらちゃんとありました」と告白。芦田は「鳥がいたので、ポップコーンをあげたら、大量にやってきたんです」と子供らしいエピソードを披露した。

『怪盗グルーのミニオン危機一発』では、孤児3姉妹の父親となり、平穏に暮らしていた怪盗グルーが、ある事件に巻き込まれていく。アフレコ初体験となった中島は、「本当に難しくて、経験がないので、とにかく練習しまくろうと思っています」と本作への意欲を口にした。グルーとルーシーとの恋の行方にも乞うご期待。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED| [C]2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED| [c]2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.| [C]2010 Universal Studios. All Rights Reserved. [C]LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京