• NEWS

『映画クレヨンしんちゃん』21弾主題歌はSEKAI NO OWARI

2013年2月18日 16:32

主題歌を担当するSEKAI NO OWARI | [c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2013

クレヨンしんちゃんがB級グルメを守る冒険に出る、劇場版シリーズ第21作目『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』(4月20日公開)。本作の主題歌にSEKAI NO OWARIの「RPG」が起用されたことがわかった。SEKAI NO OWARIが映画の主題歌を手がけるのは本作が初となる。

第54回レコード大賞で優秀アルバムを受賞したアルバム「ENTERTAINMENT」が、新人としては異例の20万枚を超えるセールスを記録しているSEKAI NO OWARI。同曲は、約10ヶ月ぶりの新曲となり、本作と同じで「仲間」と「冒険」がテーマとなっている。テレビ朝日プロデューサーの松久智治は、SEKAI NO OWARIの印象を「SEKAI NO OWARIさんの詩とメロディが送り出す、物語のような幻想的な世界や、人を思いやる気持ち、そして時に表現される冒険感は、非日常の世界に飛び出すしんちゃんの映画にぴったり合うと思っていました」と語り、楽曲について「今回の映画は園児たちの冒険を描きます。主題歌は、何か心が躍る、内から湧き上がるエネルギーなるものを感じさせてくれます。園児たちの友情と、夢と希望を持って一歩、また一歩進んでいく絵がありありと目に浮かびますし、彼らがピンチの時には、前に一歩踏み出す勇気を後押ししてくれています」とコメントを寄せた。

SEKAI NO OWARIは「幼馴染みの私たちは、しんちゃんがネネちゃんや風間君やマサオ君やボーちゃんと出会った頃とほとんど同い年くらいで出会いました。しんちゃんは私たちの良き友達であり、ヒミツの悪い友達でもありました。今回は主題歌のお話をいただいて、今でも彼らの友達でいられたということを、心から嬉しく思っております」と今回の起用に感激の様子で、「私たち幼馴染みはいつの日か友達へと変わり、オトナになって仲間という名前に変わっていきました。歌詞の中にある『空は青く澄み渡り海を目指して歩く 怖いものなんてない僕らはもう一人じゃない』という言葉は、仲間と共に戦えるというのはこんなにも心強く、時にこんなにも寂しい思いをするのかと思いながら書きました」と楽曲に込めた思いを明かした。

本作のゲスト声優にはコロッケ、渡辺直美、川越シェフが起用されており、しんちゃんとともにグルメの世界で奮闘する。【Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2013| [c]臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2013| ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK| [c]バードスタジオ/集英社 [c]「2013ドラゴンボールZ」製作委員会| (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK