• TOP
  • ニュース
  • アンジェリーナ・ジョリー、養子縁組問題の交換条件にプーチン大統領からロシア挙式を要請される!?
  • GOSSIP

アンジェリーナ・ジョリー、養子縁組問題の交換条件にプーチン大統領からロシア挙式を要請される!?

2013年1月13日 10:00

挙式を政治問題の解決手段にするチャンス?
挙式を政治問題の解決手段にするチャンス?写真:SPLASH/アフロ

2012年のクリスマスに、ダナ・キャランが所有するカリブ海のタークス・カイコス諸島の豪邸で既に挙式したと言われているアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットだが、未だに真相は明らかになっていない。

そんななか、アンジェリーナがブラッドとロシアで挙式をする可能性が出てきたと、ナショナル・エンクワイラー紙が報じている。2012年12月28日にプーチン大統領は、ロシア人孤児のアメリカ人への養子縁組を禁止する決定を下したが、この件でアメリカとの間に確執が生じている。

「アンジェリーナは、今回のプーチン大統領の決定は、人権侵害の罪に問われたロシア人を罰する新たな法律を制定したアメリカに対する報復措置だと考えています。それでアンジェリーナは、プーチン大統領に対して、今回の決定を覆すように要請したところ、考慮の余地があると答えてきたそうです」。

「その条件というのは、モスクワの中心部か、かつてのロシア帝国の首都であったサンクトペテルブルクの著名な場所でブラッド・ピットと挙式をすることだったのです。アンジェリーナは、挙式の写真を売った大金でチャリティーに寄付する計画の変わりに、挙式を政治問題の解決手段にするチャンスを手にしたのです」と関係者が語っている。

1999年以降、4万5000人以上のロシア人の子供たちがアメリカ人の養子になっている現状下で、かつてアンジェリーナは「2005年に、ロシア人の15ヶ月になる男の子を養子に迎えようとしていたことがあります。でも、養子のマドックスが兄弟を受け入れる準備ができていなかったので諦めたのです。アンジェリーナは国連難民高等弁務官のメンバーなので、人道主義活動の一環として、このアプローチを行っているため、プーチン大統領も安易に依頼を断ることはできないでしょうが、ただで受けるわけがありません。アンジェリーナが条件を飲めば、多くのロシア人孤児が救われるだけではなく、二国間の緊張緩和にも貢献することになります。国連難民高等弁務官のメンバーとして、アンジェリーナにとってこれほど大きな成功は他には考えらません」と結論付けており、アンジェリーナとブラッドがロシアで挙式をする可能性が高いことを指摘している。【NY在住/JUNKO】

関連映画ニュース