• NEWS

白タキシードのあの男がムーディ封印で新境地!

2013年2月10日 18:50

これがあのムーディ勝山!俳優としていける!?
これがあのムーディ勝山!俳優としていける!?[c]2012「同じ星の下、それぞれの夜」製作委員会

再生可能エネルギーを応援するため、かつて一世を風靡した芸人たちが結成した“再生可能ボーイズ”。いわゆる“一発屋芸人”と呼ばれる5人のユニットなのだが、メンバーの一人にぼんやりと再生の兆しが見えてきた!?

その一人とは、白いタキシード姿にきっちり横分けヘア、「チャラチャッチャッチャラッチャ♪」というメロディでおなじみのムーディ勝山だ。あのムード歌謡ネタの記念すべき初披露から7年目となる2013年、3つのストーリーからなるオムニバスファンタジー『同じ星の下、それぞれの夜』(公開中)で、彼が初主演を務めているのだ。

日本を飛び出した日本人3人が、同じ時間にタイ、フィリピン、マレーシアで体験する小さな奇跡を描く本作。ムーディが主演を務めた冨永昌敬監督作『ニュースラウンジ25時』は、ムーディ演じるテレビキャスターが、別れを切り出した恋人の愛を取り戻そうと、日本からフィリピンへの日帰り旅行を繰り返すというもの。

劇中ではヘアスタイルこそ横分けながら、ムーディな白タキシードは脱ぎ捨て、ラフなTシャツでフィリピンを奔走!例のあのメロディは右から左へ受け流し、男の心に生じる変化をシリアスな演技で表現してみせる。本業よりも先に観客のハートをがっちりつかんでしまうかもしれない、ムーディの新境地は必見(!?)だ。

その他にも、タイが舞台の富田克也監督作『チェンライの娘』には、「あるある言いたい♪」でプチブレイク中のレーザーラモンRGがカメラマン役で登場。また、マレーシアが舞台の真利子哲也監督作『FUN FAIR』には“マレーシアの芦田愛菜”と呼ばれるキュートな子役スン・ジェニーも出演している。3編それぞれがユニークなキャスティングなのでそこに注目してもらいたい。【トライワークス】

関連映画ニュース