• NEWS

堺雅人、菅野美穂から「マイペースな植物系男子」と言われて苦笑

2012年12月22日 13:25

初日舞台挨拶に登壇した堺雅人と菅野美穂

よしながふみ原作、男女逆転の大奥を描く映画化第2弾『大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇』の初日舞台挨拶が、12月22日に丸の内ピカデリー2で開催。堺雅人、菅野美穂ら豪華キャストと、金子文紀監督が登壇。主演の堺は「男女逆転という変わった設定、時代劇という時空を超えた世界ですが、見終わった後、心に残る本格的な物語になってます」と語った。

登壇したゲストは、堺、菅野、尾野真千子、柄本佑、要潤、椿鬼奴、西田敏行、宮藤官九郎、金子文紀監督の9名。菅野扮する五代将軍の綱吉に仕える主人公・右衛門佐を演じた堺雅人。初共演の菅野について「懐が深い、得体の知れない人。本作でもいろんな顔を見せてくれて、一言では言い表せない色々な面を持っている女優さん」と絶賛した。

菅野は堺について、「穏やかでニコニコしている草食系男子だと思っていましたが、草食系とはまた違う、マイペースで、植物系男子です」と珍発言すると、堺が「格下げですか?餌だよね」と突っ込む。西田が「クレソン?」と合いの手を入れると、堺は「クレソン系俳優か」と苦笑い。菅野は「インタビューで似たような答え方をしたら、『堺雅人は植物』って出ちゃって。“系”をつけてください」とリクエストした。西田は堺について、「ふたりで対峙するシーンで、あ、こいつはジュード・ロウだなと。その時、僕はデ・ニーロだと思っていましたが」と、会場の笑いをとった。

尾野は初共演の菅野について、「ぽーって見とれてしまいました」と告白。要も菅野について、「僕の中では一番共演してみたい女優さんの一人。甘えるシーンが多かったですが、大きな器ですっぽり包んでくれました」と感激しながらコメント。堺と共演した椿鬼奴は「今まで共演したのは、オアシスや森三中で。初めて素敵な人と共演しました。露出NGが多いので、緊張感があったんですが、堺さんが話してくれて。でも、素敵すぎて覚えてないです」と浮き足立った様子だった。

最後に堺が「豪華絢爛な世界で、お正月映画にぴったり。純愛映画です」と本作をしっかりアピールして締めくくった。『大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇』は3連休初日である本日から公開。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012男女逆転『大奥 永遠 [右衛門佐・綱吉篇]』| 写真:SPLASH/アフロ| [c]2012男女逆転『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会| [C]2012 男女逆転『大奥 永遠 [右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会| [c]2012男女逆転『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会 [c]よしながふみ/白泉社