• NEWS

堺雅人が菅野美穂の「綱吉は壇蜜みたい」発言に仰天!

2012年12月17日 20:11

プレミア試写会に登壇した堺雅人と菅野美穂

男女逆転の大奥を描く映画化第2弾『大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇』のプレミアム試写会が、12月17日に国際フォーラムで開催。堺雅人、菅野美穂ら豪華キャストと、金子文紀監督が登壇。全員が和装で勢ぞろいし、熱気に包まれた。堺は「野心を胸に、大奥に登りつめる役柄。自分自身、野心があまりないものですから、ありだけの野心を振り絞って、野心マックスでやりました」と語った。

原作はよしながふみの人気コミック。五代将軍の綱吉に仕える主人公・右衛門佐を演じた堺雅人。堺は、連続ドラマ「大奥 誕生 有功・家光篇」の主人公・ 有功役も務めた。「夏場、ドラマもやらせていただいて。まさに『大奥』の一年でした。特に有功は、ト書きで『ぱっと目を引く雰囲気だけではなく、周りの空気を浄化してしまう美しさ、とあって。どうしたら良いのだろうと」と苦笑い。

綱吉役を務めた菅野は、「わかりやすく言ったら、壇蜜さんみたいな役だったんだなと」と発言。「魔性な面も、天真爛漫な部分もあるし」。これを聞いた堺は目を丸くして「一緒に宣伝させてもらいましたが、初めて聞きました!」と驚いていた。

女らしい伝兵衛役を務めた要潤は、「役者人生をかけてやりました。普段の僕とは真逆なので。壇蜜さんの真逆。真逆加減をどう出そうかなと」と激白。また、本作で濡れ場があったという西田は、「長い役者人生のなかでも数少ない濡れ場。3回くらいしかない。その濡れ場を尾野真千子さんとやらせていただいてるんです。ありがとうございます」と笑顔で語った。

ゲスト陣はランウェイを歩いて、4000人の観客に笑顔を振りまき、プレミア試写会は大盛況!華やかな元禄時代を舞台にした『大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇』は、お正月映画にぴったりの豪華絢爛な作品となった。【取材・文/山崎伸子】

関連映画

関連映画ニュース

[c]2012男女逆転『大奥 永遠 [右衛門佐・綱吉篇]』| [C]2012 男女逆転『大奥 永遠 [右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会| [C]2012角川書店| [C]2012男女逆転『大奥 永遠 [右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会/[C]TRYWORKS| [c]2012男女逆転『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会 [c]よしながふみ/白泉社| [C]2012男女逆転『大奥[右衛門佐・綱吉編]』製作委員会