• NEWS

剃毛シーンをノーカットで上映!壇蜜主演SM官能ドラマの特別バージョン公開

2012年12月12日 20:34

これが新たに追加された剃毛シーン!一部始終をノーカット収録 | [C]2012角川書店

29歳という遅咲きのデビューながら、瞬く間に注目を集め、今、最もホットなグラビアアイドルとして業界を席巻しているエロスアイコンの壇蜜。そんな彼女の主演作『私の奴隷になりなさい』(公開中)が、過激シーンを大幅に追加した成人指定(R18+)のディレクターズカット版となって、2013年1月26日(土)より公開されることになった。

本作は、累計45万部を突破したサタミシュウの同名小説を映画化した官能ドラマ。ごく普通の生活を送っていた既婚OLが、ひょんなきっかけから別の男性の奴隷と化し、快楽に溺れていく様を、ハードな性描写満載で描き出した衝撃作だ。

現在公開中の劇場版は、R15+指定ということもあって、過激描写は若干(!?)控え気味だが、監督をはじめとした製作陣の強い要望から、泣く泣くカットしたシーンを大量に盛り込んだ特別バージョンが、新たに公開されることになったのだ。

追加シーンのなかでも特に衝撃的なのが、この剃毛シーン。板尾創路扮する謎の男・先生が、香奈(壇蜜)を全裸で拘束し、股間のヘアを剃っていくという強烈なシーンなのだが、このシーンが何とノーカットで収録されているのだ。さらに、セックスシーンも2場面追加され、R15+指定版では衣服を着たままだったシーンはヘアヌード姿に変更。緊縛され様々な道具で調教されるシーンもノーカットで堪能できるようになっている。

このように、あらゆる面が過激にパワーアップした『私の奴隷になりなさい』ディレクターズカット版は、銀座シネパトスで2013年1月26日(土)より独占公開される。事前にR15+指定版もチェックしておき、ディレクターズカット版との描写の違いを見比べてみるのも良いかも。【六壁露伴/Movie Walker】

関連映画

関連映画ニュース

[C]2012角川書店| [c]2012 角川書店| [c]KADOKAWA 2018| [c]2013「甘い鞭」製作委員会| (C)テレビ朝日| (c)KTV